さよなら養分姐さん


馬大好きの馬写真と競馬日記
by ジュリー
カテゴリ
最新の記事
Epicharis 北海道2..
at 2016-11-05 22:00
ふれあい動物園
at 2016-07-06 22:45
ぴよちゃんとヤマちゃんとサミ..
at 2016-06-22 23:15
木曽馬のジェットじいちゃん
at 2016-06-15 23:15
お疲れさまでした
at 2016-06-08 21:45
以前の記事
記事ランキング

タグ:競馬 ( 183 ) タグの人気記事

サブちゃんの菊花賞

前回のここでも書きましたが、菊花賞を初めて現地 京都競馬場で見ることができました。
それもこれも一口出資の愛馬のおかげです。
その愛馬については次に書くことにして(もったいぶってる)今回は菊花賞のことをさらっと残しておきたいと思います。

e0282161_19212665.jpg
e0282161_19231937.jpg
e0282161_19224304.jpg
e0282161_19262462.jpg
e0282161_19265860.jpg

菊花賞に行く前に馬友女子2名に、お土産はそれぞれの本命馬のボールペンとがんばれ馬券、そして私が撮ったその馬の写真を・・・と約束していました。
そうしたところ一人の本命はキタサンブラック、もう一人の本命はマッサビエルと。
それを聞いていたので前日からボールペンを購入。
自分も欲しいのでスティーグリッツ、アルバートドック、ブライトエンブレムを買いました。
(3頭とも馬券に絡んでいないので、私の菊花賞の馬券結果がわかりますよね。笑 )

お土産に写真を、と言ってしまった以上ちゃんとしたものをと思いましたが、G1での撮影はかなり厳しいですね。

e0282161_19184317.jpg
まずパドックの最前列を取るためには開門前に並びあの開門ダッシュというのをして場所を確保しなければならないようなのです。
私にはそんな体力がありません。
今回も友人の家に泊めてもらったのですがその友人宅は奈良県。
そこから京都競馬場に来るだけで消耗してしまいます。(しかも今回は特急と準急を乗り間違ええらい時間がかかってしまったという)

9Rぐらいからパドックにはいましたが2列目まで場所が取られており私は3列目。
身長の低い私には前の人の僅かな隙間から撮るしかないという事態に陥っていました。

e0282161_19364831.jpg←見事最後の一冠を制した友人の本命馬
 キタサンブラック
思っていたより煩いようで私の写真には口を割っている姿ばかり。
せっかくのイケメンがちょっと残念でした。


e0282161_19502535.jpg


e0282161_19512999.jpg
↑ 2着のリアルスティール
この馬もパドックでは始終うるさくて私は勝手にこんなでは菊花賞の3000㍍なんて絶対にもたないわ、と思ってしまいました。
馬券は買ってましたけどね。

e0282161_19543463.jpg
←3着のリアファル

パドックでは気合いが乗っていました。

e0282161_20392139.jpg
↑ベストターンドアウト賞のブライトエンブレム


いつもはパドックの写真を撮って満足するのですが、今回は本当にあまりちゃんとした写真が撮れていないと分かっていたので、パドック周回が終わると走って馬場へ。
しかもゴール付近はパドックと同じことになっているだろうと思い、4コーナーの方に移動しました。
するとさすがにそこから写真を撮ろうとする人はおらず、一番前の場所一人分だけ空いていたのです。

そこで、どんな写真が撮れるかわかりませんが、とりあえず何かは写るだろうと。


e0282161_20062677.jpg
↑こちら2周目の4コーナー。
キタサンブラックが小さくですが写っていました。

思いがけず先頭でやってきたのはノリエイリアン↓

e0282161_20103536.jpg
キタサンブラックを本命にした友人がファンのノリさん。
ブラックの写真は良いのが撮れなかったのでオマケにこの写真を渡しておきました。^^;

私の馬券はリアファルを軸にした3連複流しとスティーグリッツから流した馬連。
自分の新聞にはキタサンブラックにも印を付けていたはずが、実際の買い目にはどちらにもブラックは入っていない悲劇。(T_T)

自分のいたところからは生では見えませんでしたがターフビジョンでキタサンブラックが勝ったのを確認。
友人が本命にしていた馬、うちの父と同じ名 サブちゃんの馬というのもあったのか、なんだかよくわからないけど感動して涙が出てきました。
母父がサクラバクシンオー・・・世間の多くの人、そして自分でもこの距離は無理だろうと勝手に思っていたのにそれをあっさり覆して勝ってしまうのですから競馬って本当に分からないなと思ってしまいました。

分からないから面白いんですけどね。

e0282161_20362293.jpg

キタサンブラックがクラシックを勝ったらサブちゃんが「まつり」を唄うと言っていましたが、まさか本当にそんなことが起こるとどのくらいの人が想像したでしょう。
私は結局は唄わないだろうと思っていたので、帰る飛行機の時間もあり勝利ジョッキーインタビューが始まった頃、帰る準備をしていました。
するとアナウンサーの方が唄の話をし、これはサブちゃんの生まつりが聞けるわかると多くの人たちがまた馬場の方に走って集まってきました。
私はかなり遠くからになってしまいましたが、しっかりあのアカペラまつりを聞くことができました。
サブちゃんのうれしそうな顔、そして唄、、、キタサンブラックで馬券を取り損ねた競馬ファンも皆があたたかく祝福をしている感じがしました。

初めて現地で見た菊花賞がこのようなレースで良かったなと今でもしみじみ思います。







by blue_avenue55 | 2015-11-11 20:45 | 競馬

「秋華賞2015」の結果

なるべく前向きに生きたいので振り返るのは避けたいのですが予想を書いている以上結果も書いておかねばと。
それで反省をし次に繋がれば成長ですからね。
今のところあまり成長がみられないというのも事実.....

予想は ↓

◎タッチングスピーチ ・・・・・6着(2番人気)
○ミッキークイーン  ・・・・・1着(1番人気)
▲レッツゴードンキ  ・・・・・17着(3番人気)
△トーセンビクトリー ・・・・・8着(4番人気)
△クイーンズリング  ・・・・・3着(5番人気)
★アンドリエッテ   ・・・・・4着(7番人気)
×ホワイトエレガンス ・・・・・11着(10番人気)

ということで馬券は◎○の2頭軸で三連複流しを。
それとどこかで見た推奨穴馬クインズミラーグロ(9着)、ディープジュエリー(12着)、マキシムドパリ(3着、8番人気)、には◎からワイドで抑えておきたいと思います。


本命タッチングスピーチは行き脚がつかなかったようであの位置取りから。
レコード決着となった速い流れでは追いつくことは不可能でした。
それでも3着とはさほど差が無いので力はあると思います。

それにしてもミッキークイーンは強い!!
もし桜花賞に出走できていれば勝っていたのではないか、。
ある意味、幻の三冠馬ミッキークイーン。
ジェンティルドンナに続く強い牝馬としてこれから楽しみにしたいと思います。

2着のクイーンズリングもホント惜しいですよね。
同じ「クイーン」の名が付いているのにライバルが強すぎる。

ということで、秋のGⅠは2連敗。

それだけじゃない!
昨日はボーズだったのです。(T_T)


今週末はなんと現地での菊花賞となります!
馬券も何とか当てて交通費ぐらいJRAさんに援助してもらいたいのですが。

珍しく今朝から菊花賞の登録馬をみて検討してしまったのでした。

e0282161_11332172.jpg
水玉模様に映っているのは雪虫。(アブラムシの一種とか)
札幌は雪虫が飛び始め冬の訪れを告げています。




by blue_avenue55 | 2015-10-19 11:30 | 競馬結果

秋華賞を買いました

こんにちは。
秋晴れ☀️🍁 がここ数日続いている札幌です。
しかし明日からは最高気温が13℃前後といよいよ冬へ加速しそうです。(。-_-。)

さて、秋のG1一つ目スプリンターズSは予想もあげず結局は馬券も粉砕してしまいました。😭
今日の秋華賞は気をとりなおしてここに買い目を残しておきたいと思います。

秋華賞って荒れそうで意外と荒れないんですね。
だから買い目を増やしたくない。
馬連で狙うならよほど絞らないとおいしくなさそう。
でもそれができるほど競馬上級者でもないし...... え

一応、印はこんな感じで考えました。↓

◎タッチングスピーチ
○ミッキークイーン
▲レッツゴードンキ
△トーセンビクトリー
△クイーンズリング
★アンドリエッテ
×ホワイトエレガンス

ここ10年の結果を見てみると、1、2番人気の両方が3着内に来ているというのが6回もありました。
そして2番人気の優勝は5回(1番人気は2回)

ということで馬券は◎○の2頭軸で三連複流しを。
それとどこかで見た推奨穴馬クインズミラーグロ、ディープジュエリー、マキシムドパリ、には◎からワイドで抑えておきたいと思います。
馬体重やパドックも見ずにまずこれで馬券を購入し、あとで気になったのは全て買い足し馬券とします。
( よくギリギリになって心変わりをし外すというのが多いため )


昨日は清水Sで昨年の秋華賞3着馬タガノエトワールが勝ちオープン入り。オメデトー( ´ ▽ ` )ノ
エリザベス女王杯に出走できるのか気になるところです。

さて今年の秋華賞はどうなりますか。楽しみです!!

e0282161_11250479.jpg

by blue_avenue55 | 2015-10-18 11:30 | 競馬予想

引退

先日、中日ドラゴンズのレジェンド山本昌投手が50歳で引退のニュース。
現役生活32年に終止符ということだそうですが凄いことですよね、お疲れ様でした。

今回のブログのタイトルの「 引 退 」はその山本昌のことを書くわけではありません。

愛馬ブランダルジャンのことです。

e0282161_22233827.jpg

このブログでも書いてきましたが、ブランダルジャンは 2014年8月23日新潟でデビューを果たし初戦3着。
その成績からいつかは勝てると思っていました。

e0282161_22242254.jpg
デビュー戦 パドック

e0282161_22245530.jpg
新潟競馬場 デビュー戦 3着



その後大きな怪我もなくコンスタントにレースに出られたものの 9戦0勝3着4回、掲示板を外したのは2回だけという成績。
難しい気性のせいか持っている力を中々出せなかったと思います。

結局、彼女の最後となる中山競馬場3歳未勝利戦 (9月19日) を勝つことができず引退となってしまいました。

e0282161_22252345.jpg
最後の中山3歳未勝利戦 ( 写真は同じブランダルジャンに出資されていた hirokazuさん撮影)


e0282161_22253873.jpg
最後のレース結果は9着 ( 写真は hirokazu さん撮影)


もしかしたら繁殖にあがってくれるかな、という期待も持っていましたが、残念なことにSNSでブランダルジャンがサラブレッドオークションに出るということを知りました。
結果は 300万円で落札されたようで、これからは新しい馬主さんと厩舎で活躍の場が変わることになります。(おそらく南関)

ブランダルジャンは初めての出資馬。
今まで好きになって応援する馬たちとは全く別の気持ちが入ることを知りました。
今までだと応援馬はだいたいは すでに1勝か2勝はしている馬たちでした。
しかし そこまでいくのにどんなに大変なことなのか今回初めて知ることになりました。
まず無事にデビューすることも大変なことだし、そのあとケガなくレースに出るというのも簡単なことではない。
とにかく1勝するというのがこんなにも難しいことだったのかと身を持って知ることになりました。

ブランダルジャンには本当に色々な経験をさせてもらいまいした。
デビューでは初めての新潟競馬場に応援に行くことができました。
最後はサラブレッドオークションという現実。

1年間、夢を見させてくれてありがとう。

勢司先生、厩舎のスタッフの方、ブランダルジャンの担当者さま、本当にお世話になりました。
乗ってくださった騎手の皆さん、ありがとうございます。

今後は愛馬ということではなくなってしまうけど、どこかで競走生活を続けるブランダルジャンを応援し続けたいと思います。
まずは一勝目指してがんばれ。

e0282161_22260507.jpg
デビュー前牧場で会った あどけなさが残るブランダルジャン


by blue_avenue55 | 2015-09-29 22:45 | 一口愛馬

霧の門別競馬場


先週7月23日に今年2回目となる門別競馬場へ行ってきました。

今年初は、韓国競馬でジョッキーとして活躍していた藤井勘一郎さんがホッカイドウ競馬で乗ると知り(短期免許)、そのデビューを見に行ったのでした。
応援している藤井騎手のことはまた別に書きますね。

e0282161_13074964.jpg
(この日の第5R 11頭立て最低人気で3着のスーパーキャットと藤井ジョッキー)

門別競馬場で私が霧に遭遇したことは今まで一度もありませんでした。
SNSなどを見ていて門別競馬場でたまに霧のためレースが中止になるというのは知っていました。
ただどの程度なのかは見たことが無かったので想像つきませんでした。

それがこの日、初めて目の前でこの霧の門別競馬場を見たのです!

地方競馬場、本当にそれぞれに特色があると思いますが、門別競馬場ではこの「霧」もその一つでしょう。
ただし、これはあまり関係者からは歓迎されるべきものではないでしょうから難しいですね。

陽があるうちは普通なんですよね。
ただこの日は結構暑かったんです。
e0282161_13524692.jpg
この写真は17:20 発走の第4レース。(ちなみに写っているのは2歳、先頭は勝ったヤマノカミ)

日没とともになんとなく霧が出てきました。

e0282161_13561871.jpg
(このレースは 19:00 発走 ↑)
そして19:30 発走ではこんな感じになりました!

e0282161_14052928.jpg
もう4コーナーが全く見えません。

e0282161_14063929.jpg
↑ゴール付近から直線残り1ハロンあたり見たところ。霞んでいます。

e0282161_14083982.jpg

e0282161_13585297.jpg
北海道では「霧の摩周湖」というのが歌にもあり有名ですが、そのうち「霧の門別競馬場」なんて歌ができたりしませんかね?

さらに霧は濃くなり 20:00 発走予定の第9R のパドックではこんな感じに。↓

e0282161_14131170.jpg
これ私のカメラのせいじゃありませんよ。こんなに近いパドックでもこんなに霞むくらいに霧がすごいのです。
この9Rには10歳にして現役馬シャイニングアワーが出走予定でした。
10歳なのにまだまだこの条件では勝ち負けできるほど。
私もつい応援も兼ねこの馬から馬券を買いました。

e0282161_14174699.jpg
(↑ シャイニングアワー 父ワイルドラッシュ、母グルカッシュ、母父マキャヴェリアン )

しかしこのレース、パドックは周回したものの濃霧のためレースは中止となってしまいました。
馬券は払い戻しに。負けなくてよかった。(違
確かに実際にこの霧を見ると先が見えなくて非常に危ないです。

その怖さは帰り道 車で走る際、実際に感じました。
だいたい馬のスピードで走る車。
しかし霧で50㍍以上先は見えない中での走行・・・怖すぎです。(>_<)

残すは最終10R、このまま中止となって終わるのかと思っていましたが、短い時間の間に霧がどんどん薄くなっていきました。
こんなに短時間で変化していくのにも不思議な感じでした。
なんとか最終レースは発走することができてこの日は終了。

初めて見た霧の門別競馬場は、適切ではないかもしれませんが、ミステリアスでした。

門別競馬場は海が近く水蒸気を多く含んだ空気が夜になり冷却され霧が発生しやすいのでしょうね。
昼間の気温、湿度なんかも関係しそうです。

昨日(7/28)の開催でも同じように霧で最終レースが中止になったようで。
ここ最近の気象は札幌でも変化を感じているのですが、門別でもそんなことがあるのでしょうか。

レースに向けて頑張ってきた関係者の方たちやお馬さんのことを考えると ちょっと厄介な霧ですね。

e0282161_14400520.jpg
↑ こちらは門別競馬場の誘導場テン太くん。霧の中では見えなくなってしましそう。。。


by blue_avenue55 | 2015-07-29 14:30 | 競馬

トゥッタちゃん

先日は、一口愛馬レンベルガーのデビューについて書きましたので、今回はその前日 (7月3日) 川崎競馬でデビューしたトゥッタフォルツァのことを書きたいと思います。
(トゥッタフォルツァと書くと長いのでここではトゥッタちゃんと呼ばせていただきます。)

ブランダルジャンと同じ年に出資をしたトゥッタちゃんですが、2歳でデビューできず ほぼ丸1年遅れて先日ようやくデビューすることができました。
最初からこの子は地方競馬でデビューと決まっていました。
私の予想ではホッカイドウ競馬でデビューすると勝手に予測していました。
そうなれば、私は門別に簡単に応援しに行くことができる!
やはり愛馬の走っている姿を目の前で応援したいと思いますよね。
北海道在住の私にとっては中央在籍馬だとなかなか応援には行けません。
なのでトゥッタちゃんのデビューは楽しみにしていました。

ところが2歳の夏にブランダルジャンがデビューしたにもかかわらず彼女は全くデビューの気配がない。
気がつけば年を越してしまい彼女は3歳に。
もしかしたら、このままデビューできずに終わってしまうのでは・・・とも思っていました。

そんなところに、ようやくデビューの知らせが。
しかも川崎競馬。
私は残念ながら地方競馬をほとんど知りません。
南関は一度も行ったことすらありません。

1年も待ったのだから川崎に応援に行ってやれよ!と思うでしょうが、私はレンベルガーデビューの中京競馬場を選んでしまいました。
トゥッタちゃん、ごめんなさい。(;_;)
e0282161_23092088.jpg
今回、私は現地に行くことができませんでしたが、Instagramで知り合った、ひぽさん(@hipo_) がちょうどその日現地に行かれるということで図々しくもトゥッタちゃんの写真をお願いしてしまいました。
ということで、今回のブログの写真は全て、ひぽさんからいただいたものです。
素敵な写真を本当にありがとうございました。m(_ _)m

e0282161_23102189.jpg
e0282161_23110757.jpg

トゥッタちゃんが走るころ私は園田競馬場にいました。
同じ地方競馬なのだから馬券を買えるのでは?と甘い期待を抱いていましたが重賞でもありませんし、そんなわけはありません。
出走時間になりスマホからレースを見ました。

e0282161_23115336.jpg
e0282161_23150865.jpg
(こんな写真を見ると川崎競馬場ってどんな所にあるのだろう?と興味津々)


e0282161_23143197.jpg
3歳とはいえ生まれて初めてのレース。
なんと?! ゲートを嫌がり中々入りません。
たまに、こういうシーンを見かけますが、まさか自分の愛馬がそんなことをするとは夢にも思っていませんでした。



e0282161_23162192.jpg
レースは追走に苦しむものの最後は外から追いこみ結果は3着。


e0282161_23185324.jpg
よく頑張ってくれました!!
トゥッタちゃん、デビューおめでとう!


デビューから2週間。
そして昨日(7/24 1R)、トゥッタちゃんは再び川崎競馬に出走。
しかしこの競走、最後の直線で前を走っていた馬が故障 落馬し、その直後の馬3頭が巻き込まれ落馬してしまうという大きな事故が起こったのです。
トゥッタちゃんは運良く?後ろの方にいたため難を逃れ4着で入線しました。
実はトゥッタちゃん、ズブイらしく中々前に行かないのです。
今回に限ってはそれが良い結果となったのでしょうか。
本当に競馬は何があるかわかりません。
あのレースを何度も見ましたがよく無事だったと思います。

今後はなるべく このような痛ましい事故が起きないよう祈るばかりです。。。

このレースでこの世を去ったエイシンラブアゲンのご冥福を心よりお祈りいたします。





ひぽさん、素敵な写真を撮っていただき本当にありがとうございました。




by blue_avenue55 | 2015-07-25 23:15 | 一口愛馬

一勝の難しさ

今まで、申し訳ないのですが3歳未勝利戦のことを真剣に考えたことがありませんでした。
なんとなく、3歳の秋にまだ一勝もできていない馬たちがスーパー未勝利などと呼ばれているレースに最後の望みをかけて出走する・・・
そんな認識しかありませんでした。

今回、自分が一口とはいえ、愛馬がいて、その愛馬ブランダルジャンが今3歳未勝利。
そうなると身を持ってその厳しさ、一勝の難しさを感じているところ。

そのスーパー未勝利戦は第4回中山、阪神のみで行われ、しかも出走制限がついています。
(1) 出走回数が5走以下
(2) 前走がJRAの平地競走で5着以内
のどちらかの条件を満たしていなければいけないのです。


先日レンベルガーのデビュー応援に中京競馬場へ行った時、ふとパドックを見ると私好みの金髪たてがみのお馬さんを発見。
なんという馬かなぁと出馬表をみるとタガノカムイという馬でした。
しかも私の応援厩舎、3歳未勝利でそのレースが5戦目でした。
e0282161_11240459.jpg
(タガノカムイ、金髪というよりメッシュですね。これはこれでカッコいい!)
4番人気。
父ダイワメジャー、この日のやや重の馬場も味方するのでは?と思いました。
e0282161_13252635.jpg
e0282161_22091962.jpg
e0282161_11285482.jpg
結果は惜しいクビ差の2着。
最後の直線で先頭に出たものの、ゴール前寸前で1番人気のケルンダッシュ 武豊ジョッキーに差されてしまいました。

e0282161_11324857.jpg
この写真を撮ったところまでは先頭だったのに。。。

惜しくもこのレースは負けてしまいましたが、次こそ一勝目指して頑張って。

そしてブランダルジャンも頑張れ。

.....と私は応援することしかできません。(;_;)


〈 8/10 追 記 〉タガノカムイ、未勝利脱出おめでとうございました!(≧▽≦) このブログを書いた後、中2週で再度中京で走り 3着。中1週の昨日、小倉で勝ちました。この時期の貴重な一勝です。本当に良かった。
ブランダルジャンも続いて勝ってほしいと切に思います。(*´-`)

by blue_avenue55 | 2015-07-19 11:45

デビューで尻もち

前回のブログ更新からなんと2週間もたってしまったじゃありませんか!!
宝塚記念の結果も書いてないし。
簡単にいうと、ワイドと馬連が当たりました。
ゴールドシップさま、ありがとうございました。m(_ _)m
あなたのおかげで万馬券になりました。

宝塚記念の頃からもう、私の心は翌週の愛馬デビューに向かっていました。

愛馬は中京競馬場でデビューでしたが、その前日は大阪に友人がいることもあり園田競馬場に初めて行ってみました。
地方競馬場、いいですね~!!
この時のこともブログに書くつもりですが、それはまた今度。

北海道に帰ってきてからすぐに今度は応援している藤井勘一郎ジョッキーが日本で初めて騎乗するホッカイドウ競馬に応援へ。
(それも、またいつかこのブログで書くつもり。)
という風に書きたいことは山ほどあるのに撮ってきた写真の整理も付かず、追われております。

まずは、やはり愛馬デビューから。

愛馬は中京でデビューしたレンベルガーの他に3歳でようやく川崎競馬でデビューしたトゥッタフォルツァもいます。
トゥッタフォルツァは7月3日金曜日にデビューとなりました。
私は現地に行けませんでしたが、この時の様子はIGで知り合いツイ友さんでもある方が写真を撮ってくださったので、それも次回ここで報告させていただきます。

中京競馬場のことも触れたいのですが、今回はあまり時間もないので、そのうち。
(そのうち、とか次回とか言ってますが本当に書けるのか心配です)

e0282161_15382765.jpg

(↑ 5月に牧場で会ったときのレンベルガー)

7月4日土曜日 中京競馬場 第5レース メイクデビュー
1400㍍ 芝 13頭立て  7枠10番

メンバーを見てみると強そうなライバルが2頭いました。
新聞の印もだいたいその2頭に付いています。
我が愛馬には・・・△を付けてくれた方が2人だけ。(競馬ブック)

最終オッズも 単勝18.9倍 7番人気
馬体重418㌔の小柄な馬ですからね。

私は晴れ女のはずでした。
昨年愛馬ブランダルジャンのデビューにかけつけた新潟競馬場だって晴天でしたし。
ところが今回、前日の園田競馬場までは良かったのですが、、、
この日の中京競馬場、予報は曇りだったのに2レースぐらいからだったかポツポツ雨が降ってきました。
そのうち止むのではと思っていましたが一向に止む気配もなくこれでは馬場がああぁと思っていたら案の定、
やや重になってしまいました。

今回、実は私、カメラを新調いたしました。
今まで使っていたカメラはミラーレス。
コンパクトで使いやすく良かったのですが、さすがにレースの瞬間を撮ろうとするには物足りないカメラだったのです。
愛馬のレース写真はやはり撮りたいですし、また札幌開催もこれからありますので・・・
しかし今までのカメラとメーカーが違うため微妙に使い方が違います。
レンベルガーのデビューまでに慣れようと思っていましたが、意外と早いデビューになってしまったので使いこなせぬまま。
しかも当日雨とかもうね。

さて、パドックです。
雨も降っていたので人は屋根のない最前列にはほとんどいませんでした。
しかしちらほら傘をさして見ている人はいる。

新馬戦ですから、出走馬、全頭が初めての経験になるわけで。
見ている方も緊張しますが馬をひいている担当の方達はどうなんでしょう?
e0282161_16281134.jpg
パドック登場!
赤いバンテージが黒い馬体に似合っているじゃありませんか。
若干いつもよりテンション高めなのか担当の方が口笛で落ち着かせているようでした。
e0282161_16320581.jpg
そしてパドック1周目、私の目の前を通る我が愛馬が私に気づきこちらを凝視。
e0282161_16342472.jpg
「あれ?この前会ったよね。僕のデビュー応援に来てくれたんだ!」
と言っているよう。(まぁ、ただカメラに反応しただけだと思います)
あまりに近すぎて耳がきれちゃいましたしピンボケ。

そして何周かして事件は起こりました。

前を歩いていたキラパワーが何かに驚き、それに反応しレンベルガーも。
動いたキラパワーを避けようとした彼は躓いてしまい、
なんと尻もちを着いてしまったのです!!!
e0282161_23535390.jpg

えーーーーーーーーー?!今までにパドックで尻もちついた馬など見たことがありませんでした。
しかも目の前で。
しかも愛馬。

すぐに立ちあがりましたが、担当の方は歩かせながら歩様などをチェック。
問題ないようなので、そのまままた周回に戻りました。
何もなかったから良かったですが、ここでケガなんかされたら皆の努力が報われません。
しかし恐るべしキラ。(デスノートではありませんね)

e0282161_16561319.jpg
藤岡兄ジョッキーを背に「行ってきます。」
(担当さんの笑顔が優しそう)

私も本馬場まで走ります。
e0282161_16590869.jpg
ケガなく無事にゴールを。
1番に帰ってきてくれれば、それはそれで嬉しいけれど、まずは無事にという願いです。
e0282161_17030060.jpg
結果は5着でした。
ゲートはちゃんと出ましたが、最初の行き足がつかなかったようで、後方からの競馬。
最後の直線、外からレース最速の上がりで伸びてきました。
掲示板は確保できたので上々だったのではないでしょうか。
なにせパドックで尻もちを着いたあとのレースなんですから。。。


このレース、勝ったのは1番人気だった修司いえ、シュウジ。
タイムも中々良かったのでこれから期待の一頭とします。
e0282161_23444038.jpg
(馬主さんに労われているシュウジ)

レンベルガーは一旦放牧に出るようで次走は小倉になるようです。
さすがに小倉までは応援に行けませんので、もし彼を見かけましたら私の分も応援よろしくお願いします。m(_ _)m



by blue_avenue55 | 2015-07-13 23:50 | 一口愛馬

『宝塚記念2015』の買い目

どんより曇り空の北の国からこんにちは。(^o^)/

いよいよ春のGⅠ最後の宝塚記念です。
私が一番覚えている宝塚記念はやはり馬券を当てた2002年ダンツフレームが勝った年。
2着のツルマルボーイとの馬連を当ててお小遣いができました。(たいした金額ではありません)
ダンツフレーム、その後の馬生はちょっと哀しいものがありますが・・・

ファン投票で出走馬が選ばれるというのも盛り上がりますよね。
今年はゴールドシップが三連覇という偉業をかけて走ります。
これを応援しないわけがありません!!d(^_^o)

ゴールドシップは前走の天皇賞で勝ったもののゲート再試験を受けるなどいつも話題にこと欠きません。
同一GⅠ3連覇は未だ成し遂げた馬がいません。
そんな凄いことをやってしまうのか?
はたまたそれを阻止する馬がいるとすれば、どの馬なのか?
そして今年は牝馬が5頭参戦、しかもどの馬も来るような気がします。
本当に楽しみでしようがない!!(((o(*゚▽゚*)o)))

私としては今日、ゴールドシップに新しい歴史を作ってもらって阪神競馬場に彼の銅像を建ててほしいと本気で思っています。
ということで、私の買い目 ↓

◎ゴールドシップ
○ラキシス
▲ラブリーデイ
△ワンアンドオンリー
△カレンミロティック
△ディアデラマドレ
× デニムアンドルビー


馬券はゴールドシップ軸で6頭へ流す三連複
ワイドでラブリーデイからゴルシ以外の5頭に。
せっかくなのでその5頭にパンドラ、ヌーヴォレコルトの牝馬2頭もプラス。


こんな感じでどうでしょう。
少しでも来週末の遠征費用の足しにしたいのですが。
今日は WIN5にも挑戦してみよう♪

e0282161_14173319.jpg
写真は 2011年宝塚記念で優勝したアーネストリー。
宝塚記念のレコードホルダーですね。

「ゴールドシップくん、このレコードはそのままでお願いしますね」by アーネストリー


by blue_avenue55 | 2015-06-28 14:10 | 競馬予想

デビューデビュー

哀しいこと、嬉しいことがこうも重なってやってくるとは驚きです。(・_・;

実家のチェリー、我が家のウッディがこの世を去り、すっかり寂しくなっていたところに一口出資馬デビューの知らせが来ました。
それも2頭ですよ!!(o_o)
現在出資馬は4頭(3歳が2頭、2歳が2頭 )いますがデビューを果たしたのはブランダルジャン1頭のみでした。
今年3歳になるトゥッタフォルツァは2歳でデビューできず今年になってからようやく川崎競馬場に入厩が決まりました。

今回デビューが決まったのはそのトゥッタフォルツァと2歳のレンベルガーです。

先にレンベルガー7月4日土曜日中京競馬場のメイクデビューに出走予定であると知りました。
それだけでも充分嬉しくて現地応援に行くかどうかを悩んでいました。
(なにせ北海道からですから時間とお金がかかります)

e0282161_22510703.jpg

おそらくウッディがまだ生きていたら心配で行くことはなかったでしょう。
でも今回こんな形で応援に行けることになるとは、ウッディに感謝です。m(_ _)m

行く決意をし、だいたいのスケジュールを決めたところ今度はトゥッタフォルツァ7月3日金曜日の川崎競馬に出走登録があるのを知りました。
無理をすれば両方の応援に行けますが、さすがにタイトなスケジュールになりそうなので今回は中京だけにしようと思います。
トゥッタフォルツァちゃん、ごめんなさい。(実はこの子だけ牧場見学もできていないんです。)007.gif
川崎は私が18年も住んでいた所なのに、競馬場には一度も行ったことがないし。
懐かしみながら今度、じっくり行くとします。
それまで頑張って待っててね、トゥッタちゃん。



e0282161_22431004.jpg
レンベルガーは父アンライバルドの初年度産駒。母は短距離馬クリンゲルベルガー(父スウェプトオーヴァーボード)
アンライバルドの初年度産駒は23頭しかいません。
そのうちの一頭(トウショウドラフタ)はすでに新馬戦を勝ち上がったのですから期待しちゃいます。(^○^)

今年、たまたま父のアンライバルド、母父のスェプトオーヴァーボードにブリーダーズSSの種牡馬展示会で会う事ができました。
(この時に会った種牡馬さまの写真もUPしたいと思いつつ現在に至っております)

e0282161_22392730.jpg
(写真は父アンライバルド)

e0282161_22411091.jpg
(写真は母父スェプトオーヴァーボード)


レンベルガーと会ったのは入厩間近の5月5日、NF空港牧場でした。

e0282161_22454194.jpg
母、母父は芦毛ですが、レンベルガーは青鹿毛です。
曾祖父のサンデーサイレンスに似てるとか似てないとか?!
馬体はこの時 420㌔ぐらいと牡馬としては小柄。
でも調教では集中でき、早目のデビューになりそうと聞きました。

e0282161_22464703.jpg
その後、輸送も無事にクリアし入厩。
ゲート試験も一発合格と性格も頼もしいようです。

いよいよ、あとは本番のレース出走!!

7月4日の中京メイクデビューに無事出走できれば私も間近で応援できるのですが、どうなることやら。。。
もし出走が無くなっても前日には保険で初園田競馬場参戦の予定入れたので大丈夫ですよ。笑
e0282161_22473873.jpg

今週末は宝塚記念だというのに私の心はもう、その先の来週末へ。016.gif






by blue_avenue55 | 2015-06-25 22:45 | 一口愛馬


メモ帳
最新のトラックバック
検索
タグ
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧