さよなら養分姐さん


馬大好きの馬写真と競馬日記
by ジュリー
カテゴリ
最新の記事
Epicharis 北海道2..
at 2016-11-05 22:00
ふれあい動物園
at 2016-07-06 22:45
ぴよちゃんとヤマちゃんとサミ..
at 2016-06-22 23:15
木曽馬のジェットじいちゃん
at 2016-06-15 23:15
お疲れさまでした
at 2016-06-08 21:45
以前の記事
記事ランキング

タグ:競馬 ( 183 ) タグの人気記事

Epicharis 北海道2歳優駿

前回ここにブログを書いてからなんと4か月も経ってしまった!!😓

ここに残しておきたいネタはたくさんあったのに中々書くまでに至りませんでした。
そのうち時間のある時にぼちぼち残したいとは思っています。

今回は先日行った門別競馬場で行われた「北海道2歳優駿」の写真をUPします。
勝ったのはエピカリス。

e0282161_21254487.jpg


JRA 美浦 萩原清厩舎
父ゴールドアリュール、
母スターペスミツコ
馬主キャロットファーム



デビューから2戦2勝でこの北海道2歳優駿へ。

強いと噂に聞いたので、それなら会っておかなければ!と門別競馬場へ。

噂通り、いえ噂以上に強い馬でした。


e0282161_21311176.jpg
鞍上はクリストフ・ルメール騎手
パドックでは写真のような難しい顔をしていたので、もしかしたら馬が調子が悪いとか、何かあるのではと思ってしまいました。
2歳ということもあり、パドックではうるさい馬も結構いるなか、エピカリスは一頭だけ大人の風格。
とても落ち着いて周回していました。
(私見ですが放っているオーラが違うようにさえ見えました)
e0282161_22014932.jpg
発走地点はゴール前の直線半ば辺りのためゲート付近の様子を見られるのは嬉しかったです。

e0282161_21363795.jpg
パドック同様ここでも多少スイッチは入っているようですが落ち着いています。
e0282161_21402720.jpg
ゲートに入ってからもちゃんと待っています。
e0282161_21424051.jpg
目の前でスタートするのですが、このエピカリスはスタートも凄く上手で速いんです。
あっという間に先頭になってしまいます。
e0282161_21442324.jpg
4コーナーを回って直線に入るとこんな感じに。なんだか1頭だけ別次元です。
e0282161_21593449.jpg
このまま先頭でゴールしたエピカリス。カッコイイ!

e0282161_21472296.jpg 


他の馬たちが帰ってきた姿を見ると皆馬も騎手も砂まみれになっているのに、エピカリスとルメールJの姿をご覧ください!
全く綺麗なまま!!

最初から最後まで独り舞台。
砂を一度もかぶることもなく帰ってきたのです。

e0282161_21512190.jpg
 そしてこの日はとても寒かった~
雪こそ降りませんでしたが気温は1℃くらいだったと思います。
走り終えた馬からは湯気が立ち上っていました。

e0282161_21550939.jpg
e0282161_22040349.jpg
キャロットファームのお馬さんですって!
私もこんなお馬さんに出資してみたいです。。。
来年はノーザンホースパークのマラソンに出ようかな。😅

(出資されている会員の方たちがゼッケンを持って写真を撮っている姿を 指をくわえて見ていたのは内緒w)


エピカリス(ギリシャ語)馬名そのまま、魅力的な馬の走りを見られて本当によかった〜😆


by blue_avenue55 | 2016-11-05 22:00 | 競馬

お疲れさまでした

e0282161_20333629.jpg
各競馬場にはそれぞれ誘導馬がいます。
競走馬にスポットが当たる競馬場ですが、陰ながら支えている誘導馬も忘れてはいけない存在です。
誘導馬が好きというファンもいますよね。


風の便りに札幌競馬場の誘導馬 ロングキングダム号がこの世を去ったと聞きました。
1週間前のことです。
とても悲しい気持ちになりましたし信じたくなかった。
そして今日、PCで札幌競馬場の誘導馬紹介を見るともう彼の写真が無くなっていて本当のことなんだなと。

彼は私の中でとても印象深い誘導馬の一頭でした。

実は私の通う乗馬クラブの馬の弟が札幌競馬場で誘導馬(ベイズウォーター)をしています。
そんなこともあって誘導馬をよく見るようになりました。
e0282161_21514642.jpg
↑ 左がベイズウォーター、右がロングキングダム


札幌競馬場ではそれほど頭数も多くありませんので馬名はすぐに覚えることができました。
札幌競馬場スタンド改修オープンの2年前、待ちに待った競馬場へ行くと初心者マークを付けた新しい誘導馬がいました。
私の記憶では元競走馬オースミイレブンです。
新しい誘導馬が加わると去る誘導馬も。。。
お昼休みに内馬場へ馬車を見たくて行ってみると、そこに見覚えのある芦毛のお馬さんがいました。
e0282161_20322625.jpg



 名前を見るとロングキングダムと書いてありました。
 あれ?聞いたことある・・・
 あっ改修前までは誘導馬をしていた馬だ!と。
 そんなお馬さんを近くで見れたのがとても嬉しくて写真を撮っていました。
 そして少し様子を見ているととてもおとなしいのです。
 
 
 

誘導馬を引退し今度は子どもたちを背中に乗せ楽しませてくれる引馬のお仕事をしているようでした。

e0282161_20331066.jpg
この写真を撮ったときはちょうどお仕事終わっての休憩中だったと思います。
e0282161_20332351.jpg

そしてこの翌年の2015年、(私はあまり競馬場に行けなかったのですが)競馬場に行って、再びロングキンダムに会い驚きました。

e0282161_21532447.jpg
そう、彼は再び誘導馬に復帰していたからです。
前の年には引退して引馬していたはずなのに・・・
あとから分かったのですがオースミイレブンが馬事公苑に移動になっていました。
その代わり新しい誘導馬もまた増えていましたが、ロングキングダムのようなベテランの力も必要だったんじゃないかなと想像します。
e0282161_21540069.jpg
1年のブランクを全く感じさせない堂々とした誘導です。

そんなことがあったので、私の中ではロングキングダムが誘導馬の中では親しみ深いお馬さんになっていました。

2016年の今年3月、私は初めて札幌乗馬センターの見学会に参加しました。
ここには札幌競馬場で働く誘導馬の皆、ポニーのトニー、ノリスケ。
馬車を引くチャンス、引馬のお仕事しているマカロンがいます。
(その時の誘導馬さんたちのプライベート写真もそのうちブログにUPしたいとは思っているのですが。)

もちろんこの時、ロングキングダムもいました。

e0282161_20324877.jpg





でも この時が彼に会えた最後になってしまいました。
また今年、札幌競馬場で再会できるのを楽しみにしていたのに。


本当に優しい目をしたロングキングダム。
お疲れ様でした。

ゆっくり休んでね。

e0282161_20335304.jpg




by blue_avenue55 | 2016-06-08 21:45 | 札幌競馬場

芦毛ママと白毛ママ

前回のブログにも書きましたが5月6日に私はノーザンホースパークへ行きました。

その敷地内、馬見の丘のあたりから放牧地が見えるのですがこの日なんとレーヴディソールを発見。

e0282161_21375054.jpg
おおぉお、となり もしや お子ちゃまが一緒なのでは?と見ていると、
いました、いました!!
e0282161_21394636.jpg
そのお尻だけ見えているのは、、、
e0282161_21405920.jpg
Net などで見ても情報があまり無いのでよくわかりませんが、どうやらこの子のパパは、あの世界のぉロードカナロアァァ だとか。
ではここでパパを見ていただきましょう。↓

e0282161_21451047.jpg
e0282161_21454027.jpg
今はパパ似の仔に見えますが・・・
e0282161_21465591.jpg
前脚を一生懸命広げて草を食べる姿が可愛いですよね。
目のあたりがちょっとグレーっぽくて、もしかしたらママと同じ芦毛かもしれません。
レーヴママの初仔アラバスターもこのくらいの時はこんな感じでしたし。
それが、デビューの頃にはこんなになるのですから芦毛って不思議です。
e0282161_21503763.jpg
今回の仔は女の子とか。(違ったらすいません)
少しの時間見ていたのですが、アラバスターの時とは明らかに違う印象を受けました。

アラバスターは大胆に寝ていて、ママがどこにいてもお構いなしという感じ。
起きると今度はママにまとわりついたり。(私が見た時期はほぼ同じ。ただ生まれたのがいつか分からないので生まれてからどれくらい日数が経っているかで違うかもしれません) 若干ヤンチャな感じもしました。

でも今回見たカナロアパパの仔は賢そうな感じでママからはあまり離れず、ママに甘える風でもなくママと同じように草を食べているのです。
同じママの仔でも性別やパパが違っただけでも印象って違うんですね。
この仔も兄のアラバスター同様、元気に成長してデビューしてほしいと思います。


そして同じ放牧地に、ひと際白いお馬さんを発見!!
白いというより光っている感じがしました。
e0282161_22003885.jpg

実際の肉眼では米粒ほどの大きさにしか見えないのですが、でも輝いて見えますよね?
e0282161_22020092.jpg
どうですか?この親仔。ぴかぴかしていてまるでおとぎ話に出てくるような.....
はっきりとは分かりませんが、もしかしたらこのママはあのユキチャン???
ということはこの仔のお姉ちゃんはあのシロインジャー?!
まぁ私の想像ですから、違っていたらごめんなさい。🙇

e0282161_22073818.jpg
それにしても本当に白いわ~







by blue_avenue55 | 2016-05-18 22:00 | 馬写真

Pray for KUMAMOTO

2016年4月16日 1時25分 熊本県熊本地方を震源とする最大震度7の地震が発生しました。
東日本大震災から5年しか経っていないのにまたこのような大きな地震が来ると本当に地震の多い国なのだと改めて思い知らされます。
東日本大震災でもまだすべてが終わったわけではないのに、再び新たな場所が被災するとは。。。
被災された方々のことを考えると本当に心が痛みます。

地震が起きた週末、さすがに競馬なんてやってていいのか?と自問自答。
もし自分の買った馬券から何パーセントかでも義援金になるというのならどんなによかったでしょうか。

17日日曜日は皐月賞が行われました。
あとから記事で読んだのですが、優勝したディーマジェスティに乗っていた蛯名騎手は勝利ジョッキーインタビューの最後に熊本地震の義援金活動への協力を呼び掛けたそうです。
「今、九州で非常に、熊本、大分で大変な状況になっているのでジョッキーみんなで義援金活動をしていきたい。みなさん、ご協力をお願いします」

そして18日、和田竜二ジョッキーのツイートを目にしました。
「今回の地震により被災された方々にお見舞い申し上げます。
先週は複雑な心境の中、競馬をしていました。
すぐに手を差し伸べれない状況に戸惑い、また歯痒く思いました。
先行きの見えない不安をかかえたご家族の報道を見ると同じ子を持つ親として居た堪れない気持ちです。 中略
個人として寄付させていただきましたが、微力です。皆さまのお力添えをお借りしなければなりません。
今週の競馬終わりに騎手クラブで募金活動を行います。僕達もいつもと同じく全力で競馬に取り組みます。皆様のお力添え、お気持ち、ご協力をよろしくお願い致します m(_ _)m 」

こういうのを見ると、皆想いは同じなんだと思いました。


今回被災された方々に、どうか少しでも穏やかな日が再び訪れますように。

e0282161_20492866.jpg

by blue_avenue55 | 2016-04-20 20:30

元気です!ヤマニンキングリー


先週3月24日に友人たちとホーストラスト北海道へ行ってきました。
目的は友人とも同じ一口スポンサーをしている引退馬アドマイヤチャンプに会うため。
チャンプと他の仲間たちの様子はまた次の機会に書こうと思っていますが、今回元気な彼に会えたので先にここに書くことにしました。

e0282161_21180248.jpg
そう、ヤマニンキングリーです。
e0282161_21192528.jpg
昨年11月にここホーストラストに来た時のとてもやせ細った姿の写真は衝撃でした。
今でも、「ヤマニンキングリー」とヤフー検索すると画像の一番最初にその痛々しい写真が出てきます。
ということは、それだけたくさんの人がその画像を見て衝撃を受けたのではないでしょうか。
4か月経った現在はもうあのような姿はなく、とても元気なキングリーでした。
e0282161_21172808.jpg
行ったこの日は雪が降ったり止んだり。この写真では大粒の雪が。
馬場の雪はほぼ溶けていましたが水たまりがあちこちに出来ているような状態。
e0282161_21181527.jpg
歩くと長靴がちょっと埋まるような泥んこ馬場。
でもキングリーはそんなのをもろともせず歩いたり、走ったり、、、
e0282161_21182685.jpg
こんな風にゴロンゴロンしてみたり。
すっかりこの場所に慣れたようです。
e0282161_21175268.jpg
この写真では体が戻っているのがよくわかりますよね。

ヤマニンキングリー、2009年の札幌記念、ブエナビスタを破り優勝したのがとても印象深くて。
7番人気でしたから、私も馬券外しましたしよく覚えています。
その後、ダート路線へ。とここまでは覚えているのですが、今回調べてみて現役最後の頃は南関へ転厩していたのを知りました。

e0282161_21184692.jpg
脚もすっかり良くなったのか、水しぶきを上げながら走り回っていました。
e0282161_21185989.jpg
転んだりしないのか見ている方がハラハラしてしまいます。
e0282161_21191358.jpg
走り回ったあとにこのドヤ顔。笑

e0282161_21183608.jpg
山はまだ雪で白いですがこれから北海道は春になり良い季節になっていきます。
キングリーもそろそろチャンプたちと一緒の放牧になるようです。
仲良くできるといいな.....

きっとできるでしょう。

by blue_avenue55 | 2016-03-30 22:45 | 馬写真

最終回

e0282161_21252327.jpg
タイトルの「最終回」って、このブログが終わってしまうと誤解されてしまうかな。

このブログ自体のタイトルはそろそろ変えたいと思っておりますが、まだ終わらせるつもりはありません。
( 更新はずいぶん滞っておりますが )
月日はあっという間に流れ、3月も終わりに近づいています。

卒業があったり異動があったり、また新たに入学したり社会人になったり。
色々と人生において変化のある季節です。

競馬界もそう、JRA では2月で引退された調教師さんがいて2つの名門と言われた厩舎が無くなってしまいました。

その一つ、私は数年前から松田博資厩舎を意識して応援するようになりました。
e0282161_20451883.jpg
その頃はまだブエナビスタが現役で厩舎の看板だったと思います。
レーヴディソール、ブエナの引退後はハープスターが彗星のごとく現れたりと全ての名はあげられませんが牝馬の松田博厩舎みたいなイメージもありました。
でも遡ると種牡馬になったアドマイヤドン、アドマイヤムーン、タイムパラドックスなど牡馬も全く引けを取らないんですね。
e0282161_19585109.jpg
( ↑ 2014年札幌記念の優勝馬 ハープスター)

そんな凄い厩舎を応援させてもらっての数年はとても楽しかった。
e0282161_20042929.jpg
( ↑ 2015年札幌記念 ラストインパクト )

そしてその厩舎が最後となる2月27日、28日の両日、私は一切競馬を見ることはありませんでした。

e0282161_20382064.jpg


最終回がなんだか苦手だなぁと思うようになったのはいつからだったか・・・

大好きな連続ドラマ(海外のTVドラマ)が何年も続いてやっていて、ついにそのドラマが終わってしまう、という最終回。
録画はしてあるのに、見る気がおきないのです。

e0282161_20374067.jpg
マンガもそう。長く続いた好きになったものほど最終回というか最終巻を見ない。

それを見てしまうと本当に終わってしまうから。
見なければ、世間では終わっていても私の中では終わってはいない。
今回も、そんな感じで2月最後の競馬を全くみることは無かったのです。
e0282161_20383996.jpg

( ↑ 2015年菊花賞 アルバートドック )


少し経って現実として受け入れる心の余裕ができてグリーンチャンネルで放送していた「ホースマンに乾杯スペシャル」(松田博資調教師、橋田弘次調教師)をようやく見たぐらいです。

この番組の中で印象に残ったのは・・・ 扱った牝馬で一番強かったのは?の質問にレーヴディソールだっただろうと答えたこと。
それともう一つ思い出のレースとして愛弟子でもある高田潤J がドリームパスポートで勝った神戸新聞杯をあげたことでした。
e0282161_21273226.jpg
橋口調教師の厩舎は息子さんが継がれたようですが、松田博厩舎は解散となり馬もスタッフの方たちもそれぞれ他の厩舎に移ったようですね。
もう競馬新聞を買ってみても、松田博厩舎の名はどこにもありません。

インタビュー記事で見ましたが競馬界には未練はないと仰っていた松田博元調教師は今ごろ何をされているのでしょう。。。。
e0282161_20375585.jpg

by blue_avenue55 | 2016-03-23 21:30 | 競馬

優しい目をしたゴールドシップ

もうかれこれ2週間も前(1月14日)になってしまいましたが、現役を引退し種牡馬としてビッグレッドファームで新たな馬生を歩むことになった白いアイツにご挨拶をしに行ってきました。

その日はとても好天に恵まれ、青い空に白いアイツがきっと映えるに違いないと楽しみにしていました。
私はビッグレッドファームに行くのはこの時が初めてです。
とても綺麗なところと聞いてはいたのですが、実際に行ってみて本当に外国のようだと思いました。
(たぶんヨーロッパのどこか)

e0282161_1629891.jpg
右の白い建物に事務所があります。今は事務所に記帳台があるようでそこに自分の名前を明記するようですね。あと見学の注意事項もあるようです。

さてこの事務所のある建物から放牧場までどのくらいあったでしょうか。
結構歩くんですね。
冬は寒いのでこのくらい歩いた方が体が温まり良いかもしれません。
そしてようやく、たどり着きました。
e0282161_16343213.jpg

ずいぶんと奥の方にいるじゃありませんか!

e0282161_16375610.jpg

お昼ご飯の最中だったようで。
私がゴールドシップに会うのは2014年札幌記念の時以来です。
おかえりなさい!
と心で呟き、しばらく見ていましたが彼はあまり活発に動きませんでした。
さすがに雪のある北海道の地は生まれた時以来でしょうから、雪道や寒さに慣れないのかもしれませんね。

e0282161_16434897.jpg
彼は、乾燥藁があるにもかかわらず、懸命に薄く積もった雪を掘って下にある氷温冷蔵された草を食べていました。
活発には動かないものの、ゆっくりと歩いてはあちこち移動するので塀のすぐそばまで来てくれたりすることもあります。

e0282161_16481715.jpg

それにしても、現役の頃に見ていたゴールドシップと何かが違う・・・
そう、こんな優しい目してたっけ?
きっと、毎日の調教もなく、ゆったりと流れる時間の中で変わっていったのでしょうね。
子ども時代はどんな馬だったのでしょうか?ちょっと聞いてみたいですね。

e0282161_16562189.jpg
しばらくすると、少し登坂になった出入り口の方へトボトボ歩いていきました。
e0282161_16581850.jpg

「誰か、いませんか~?ボクもうお家に帰りたいんですけど~」
e0282161_170062.jpg

「ねぇ、あなた写真撮ってないでスタッフさん呼んできてもらえない?」

なんて言っているようでした。
このあと諦めて傾斜になったところを注意をしながら降りていきました。

e0282161_1725029.jpg
ゴールドシップさん他、種牡馬さんたちのお家です。
e0282161_1733396.jpg

こちらはゴールドシップのお部屋。
以前パパのステイゴールドがここにいた時と同じお部屋のようでゴールドシップのプレートの下にはステイゴールドのプレートが。(暗くて見えてませんね)

e0282161_17112367.jpg

それにしても広い放牧場ですね~。
お隣の栗毛さんはアイルハヴアナザーさん。
最近白いヤツが来てから客が増えたなぁと思っているかもしれません。
e0282161_17152126.jpg

反対隣の青鹿毛さんはロージズインメイ。

すっかりゴールドシップに夢中になって私の好きだったアグネスデジタルに会うのを忘れてしまいました。今度行った時には必ず!
e0282161_17174579.jpg

また会う日まで元気でね。

今年は何頭くらい種付けするんでしょうね?
子どものデビューが今から楽しみですね♪

オマケの話・・・
この日、馬女3人で行ったのですが、ちょうどビッグレッドヘ向かう途中の車で携帯から、いきなり緊急地震速報の音!!何事?!と思っているとたまたま駐車していた車が左右にグラングラン揺れるではありませんか (震度5弱)
そしてその後 震源地を見ると、まさに自分たちがいた所でビックリ。(o_o)
なんだかとても忘れられない一日となりました。
by blue_avenue55 | 2016-01-28 17:00 | 馬写真

バスツアーでばんえい競馬②

前回はふれあい動物園までを紹介しました。

このバスツアー、バックヤードツアーも組み込まれていると喜んでいたのですが、どうやらバスツアー用の短縮バージョンだったようなのです。
家に帰ってきてから ばんえい十勝のHPを見てみると通常のバックヤードツアー(500円)は 今回行かなかった厩舎地区や実況ブースなども見られるようなのです。
これは次回、自分が行った時のお楽しみにとっておくことにします。
e0282161_21170124.jpg
↑ 競馬場に併設のこちらは調教をする所だそうで、たくさんの鉄そりが無造作に置いてありました。
写真ではその広さが伝えられていませんがかなり広大。

e0282161_21252552.jpg
↑ この写真は私の撮ったものではありませんのであしからず。帯広市のホームページでばんえい競馬を紹介しているところにフリー素材としてありました。
もっと他にも素敵な写真がありましたよ。

朝の調教風景。

e0282161_21303976.jpg
↑ こちらは装鞍所。写真では見にくいですが真ん中にはレースで使用する装具が。
片側は同じレースに出る馬たち。向かい側は次のレースに出る馬たちが使うそうです。
e0282161_21360022.jpg
e0282161_21363264.jpg 向かって右の馬たちがすぐのレースのために馬装していたのですが、向かいにはさらにその次のレースにでる馬が一頭だけ早くもここにいました。


e0282161_21422849.jpg
ざっと競馬場はこんな↑感じになっています。

e0282161_21452450.jpg こちらもばんえい競馬ではリッキーさんと同じく有名なミルキーさん。
ばんえい競馬の宣伝大使として本州の競馬場へ出張へ行ったりしていますよね。
普段はこちらでちゃんとお仕事をしているのですから本当に尊敬します。

 誘導のお仕事もするし、今回私が行ったときは馬車を引いてお客さまを楽しませていました。
そして驚いたのが、その馬車を引くスピード!!
札幌には街中を観光馬車が夏の間あるのですが、その馬車をひく銀太くんはいつも歩いています。
いや、ほかの馬車がある公園のお馬さんも皆ゆっくり歩いています。

ところがこのミルキーさん、軽快に鬣をなびかせ走っているのです!
走るといっても駈歩ではありませんが。。


e0282161_21540923.jpg
↑写真なのでわかりにくいかと思いますが鬣がなびいているでしょ?!
今度行ったときは乗ってみよう♪(^^)

e0282161_22013004.jpg
ばんえい競馬のパドックを初めて見たときはちょっと驚きました。
それはレース自体はそりを曳き騎手の方はそのそりに乗って馬を追うのにパドックでは馬に乗っているから。
まさかあの大きな馬に乗って歩くとは想像していなかったのです。
なんとなく厩務員さんが馬を引いて歩いているとばかり思っていました。
もちろん全頭に騎手が乗っているわけではないのですが。
e0282161_22093368.jpg
e0282161_22405488.jpg
e0282161_22413381.jpg

 2歳のアアモンドシャープくん。顔は2歳のあどけなさが残っていますが見事な体。
この体でわがままされたら、そりゃ厩務員さんもかないませんよね。



e0282161_22440502.jpg
↑ ゲートに向かう直前にそりを付けます。
e0282161_22453298.jpg
こちらの厩務員さん、スタートぎりぎりまでお馬さんに何かを話しかけていました。
緊張しやすいお馬さんなのかな。
e0282161_22473263.jpg
ばんえい競馬でもう一つ驚いたこと。
それはスタートダッシュ。第1障害までさほど距離はないのですが、そこまで意外な速さで走るのです。
写真でもそのスピード感が出ているんじゃないかと。。。
e0282161_22511291.jpg
第1障害を上がってくるばん馬。

e0282161_22521280.jpg
e0282161_22531561.jpg
ばんえい競馬ではお客さんも馬と一緒に移動しながら応援するのですが、よく見ると向こう側でも厩務員さんが自分の担当の馬と一緒に移動していました。

e0282161_22545588.jpg

 第2障害の直前で一旦止まり息を整えます。
e0282161_22560936.jpg
砂埃を舞い上げながら第2障害をのぼります。
重たいそりを曳いての坂、思わず掛け声をかけたくなります。
e0282161_22583385.jpg
ゴールはそりの後ろが入るまで。なので馬は先にゴールしていても あとから来た馬に抜かれることもあるのです。
とにかく全頭ゴールしなければいけません。最後の方の馬は中々動かない馬もいたりしました。
e0282161_23032359.jpg
ゴール後、厩務員さんに労わってもらっている姿。
本当にお疲れ様。

今回はバスツアーだったためたった2レース分しか観戦できませんでした。
次はツアーじゃなく行って思う存分ばんえい競馬を楽しみたいと思いました。

ちなみに今回初めて馬券が当たりましたよ。一番人気の単勝100円ですが。

ここ帯広競馬場はとかち村という地元の特産品が売っているお店や食べ物のお店がいくつかあり今回そこまで紹介できなかったので、次回行ったときはそこもブログに書くことができたらいいなと思っています。
次回・・・・いったいいつになるのか?できれば寒い冬に行ってみたいな。
ばん馬が吐く白い息とかそんな写真が撮ってみたい。
いや、でも寒いよね。(^^;

e0282161_23144483.jpg





by blue_avenue55 | 2015-12-09 23:00 | 馬写真

バスツアーでばんえい競馬①


先月の11月1日日曜日。
東京競馬場では天皇賞が行われた日、私はバスツアーで帯広競馬場ばんえい競馬に行ってきました。

ある日、新聞にクラブツーリズムのバスツアー広告が大きく出ていてその一つのタイトルに目が留まりました。

十勝池田ワイン城ワイン飲み放題付き帯広ばんえい競馬

まるで私のために作られたようなツアーじゃありませんか!
日帰りとはいえ、昼食としてワイン飲み放題に十勝牛のバーベキュー。
その後、帯広競馬場でばんえい競馬を楽しめる。
それでたったの 7,800円くらいだったのです。
競馬場では現金500円をいただき、500円分のお買いもの券までもらえるという!

ワイン好きの友人を誘って行くことになりました。

当日、数日前からひいた鼻風邪が若干良化をみせるもののマスクをしてちょっとつらい状況。
でもバーベキューにワインできっと調子も良くなるはず・・・なんて思っていたら。。。
e0282161_21330333.jpg
↑ドリカムのふるさと、池田町のワイン城

このワイン城が少し小高い所に位置していて風通しが良いのなんのって。
バーベキューをする広場は強風が!
北海道の11月はもう寒いんです。いくら天気が良くても、風が吹いているとなるともう体感温度は10℃を下回っている感じ。
e0282161_21383178.jpg

 ワイン飲み放題といわれても、さすがに寒すぎて飲めませんでした。

それって罠だったのでしょうか。


寒い外でのバーベキューはさっさと済ませ少しだけワイン城の中を拝見。
ドリカムで有名になっただけあって、色々なところにドリカムのサインやらが。




e0282161_21433139.jpg
もっと暖かい日だったらどんなに美味しくワインが飲めただろう・・・と思いつつバスは帯広競馬場へ。
どちらかというと私の目的はワインより、ばんえい競馬だったのでいいのです。

e0282161_21473611.jpg

 競馬場の入り口にはばんえい競馬のマスコット、リッキーくんがお出迎えしてくれました。

 
 私、帯広競馬場は数年前に一度冬に来たことがありました。
雪のない競馬場は初めてです。

 スタンドの外(コースのある方とは反対側)にふれあい動物園なるものがあるようです。
以前来た時には気が付かなかったので早速そこへ行ってみることに。

 そこにはポニーやら、元ばん馬さんやらアパルーサやら色々なお馬さんがいたのでした。



e0282161_21573005.jpg
私のテンションはそれだけで充分上がります。
e0282161_21584289.jpg
e0282161_22003791.jpg
ツアーでもらった 500円、普通は馬券を買うのでしょうが私はこのお馬さんたちにあげる人参カップを購入。
一つ200円なのですが、某ホースパークと同じ値段なのに入っている人参の量が3倍はある!!!
e0282161_22043488.jpg
一切れ自体も大き目なので半分に折って皆にあげました。
e0282161_22060535.jpg
 ↑ ニンジン頂戴の顔。
e0282161_22071164.jpg
↑ でっかいキングさん

ふれあい動物園エリアの真ん中に丸馬場があり、そこにリッキーさんが登場!↓
e0282161_22095119.jpg

e0282161_22103374.jpg

 いやぁ大きくてカッコいいです。

こちらのリッキーさんやミルキーさんは色々なイベントで出張も多く、私も札幌の北海道神宮祭で会ったことがありました。
いつも一生けんめいお仕事頑張っていますよね。


 このふれあい動物園はばんえい競馬が開催していない日でも営業しているようです。
 (営業時間は異なるようですが)

 
 私はこの動物園だけでも満足でしたが、この後バスツアー用のバックヤードツアー、ばんえい競馬を楽しんだのであります。

 疲れてきたので続きはまた次回に。


by blue_avenue55 | 2015-12-02 22:15 | 馬写真

息子アラバスター

Instagram という写真投稿サイトにアカウントを作ってから3年くらいになるでしょうか。
最初は愛犬や風景や色々な写真をUPしていたのですが途中から馬の写真が多くなってきました。
すると犬好きのフォロワーさんに申し訳ないような気がして馬の写真だけをUPしようと別アカウントを作ることに。
その馬専用アカウントの記念すべき一番最初の写真は レーヴディソールとその初仔の写真。

ディソールとその初仔が放牧に出ていて遠いけどノーザンホースパークから見ることができるというので、行って撮った写真でした。
そのことは、2年前にこのブログにも書きました。→ 『お馬の親仔』

そして先日、その Instagram が ちょうど 1000ポストになり1001回目のポストを成長した姿のディソールの息子アラバスターの写真にしました。
e0282161_19084335.jpg写真は札幌2歳ステークス時


やはり遠くからとはいえ、当歳の可愛らしさを見ているとその子が成長しデビューするところを是が非でも見たくなるもの。
今年、札幌競馬場でデビューするというのを知りましたが、あいにく私が忙しくて当日行けるかどうかとても微妙でした。
なんとか時間をやりくりし、その日はデビュー戦だけを見に行くことができました。




8月16日日曜日 第5R 新馬戦 1800㍍芝

朝は晴れていたものの、雲行きが怪しい。
今年の天気は突然雨が降ることも多くカッパを持参して競馬場に。
備えあれば憂いなし・・・パドックの周回が始まるころには雨が降り出しました。

e0282161_23211964.jpg
しかも酷い土砂降り。
新馬戦で皆パドックすら初めてなのに、こんな大雨。
数頭が落ち着きを失い、またそれにつられ暴れそうになる馬が。
しかし、このアラバスターは当歳時に私が見た時のようにおっとりと我関せずといった感じで歩いていました。
さすが!!
e0282161_19240911.jpg
11頭立ての1番人気。
偉大なる母の息子はその人気にこたえて1着でゴール。
なんだか見ていて自分の子どもが走ったかのような嬉しさでした。
e0282161_19284978.jpg
この瞬間が見ることができて本当に嬉しかったのですが、このあと札幌2歳Sも出走となりワクワク。

しかし札幌2歳Sはさすがに強そうなライバルがいてプロフェット、アドマイヤエイカンに続く3番人気。

この日はデビューの日とは全く違って9月の札幌にしては暑いくらいの良い天気でした。
e0282161_19371319.jpg
e0282161_19381354.jpg
 私が見た当歳の時はほとんど栗毛かそんな感じにしか見えなかったのに、2年で母のようになるから芦毛って不思議ですね。
この日もレース2戦目になりますが、カリカリすることもなくパドックを周回。


e0282161_19411105.jpg
e0282161_19491385.jpg
e0282161_19505618.jpg
直線に入る4コーナー。少し遅れて大外にいるのがアラバスター。


このレース人気通り、最後はプロフェットとアドマイヤエイカンのゴール前のたたき合いが見応えありました。
そしてハナ差で勝ったのは岩田ジョッキー鞍上のアドマイヤエイカン。
e0282161_19562263.jpg
アラバスターは5着となりました。


e0282161_20000269.jpg


←エイカンの担当さん、どこかで見たことがあると思ったらゴールドシップ、レッドリヴェールを担当している今浪さんじゃありませんか!!

この札幌2歳S、ゴルシで2着、リヴェールで優勝。
そしてまた今年もエイカンで優勝と凄いですよね。


e0282161_20063783.jpg
秋風が吹くとともに札幌競馬が終わりアラバスターは栗東に戻りました。

東京遠征 アイビーSは8着、黄菊賞は3着と頑張っています。
あとはケガなく母の分まで長く現役生活を続けてほしいと思っています。
応援してるからね。
e0282161_20181976.jpg

by blue_avenue55 | 2015-11-25 20:00 | 競馬


メモ帳
最新のトラックバック
検索
タグ
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧