さよなら養分姐さん


馬大好きの馬写真と競馬日記
by ジュリー
カテゴリ
最新の記事
Epicharis 北海道2..
at 2016-11-05 22:00
ふれあい動物園
at 2016-07-06 22:45
ぴよちゃんとヤマちゃんとサミ..
at 2016-06-22 23:15
木曽馬のジェットじいちゃん
at 2016-06-15 23:15
お疲れさまでした
at 2016-06-08 21:45
以前の記事
記事ランキング

タグ:アドマイヤチャンプ ( 2 ) タグの人気記事

3.11 アドマイヤチャンプ

3年前の今日 3月11日に東日本大震災が起きました。
死者 15,884人、行方不明者 2,633人。

この震災は過去の事ではなく、現在進行形。心が痛みます。

そして私の身近にこの地震で被災したアドマイヤチャンプの存在があります。

以前ブログに書きましたが、初めて私の愛馬(一口ですが)になってくれたのがチャンプです。

今年一月一日発行の北海道新聞ではチャンプと牧場の事が一面で掲載されました。午年ということもあったのでしょう。
e0282161_21365481.jpg

そして、今日はフジTV「スーパーニュース」のローカル枠でチャンプのいるホーストラスト北海道が紹介されました。
もちろんチャンプも、そしてもう一頭被災したウルヴズグレンがテレビに映っていました。
震災というテーマですから決して楽しいものではありませんが、チャンプの元気そうな姿を見られて嬉しかったのは事実です。

チャンプが被災した乗馬クラブの代表 鈴木さんの願いとして新聞にはこう書かれていました。

「地元の合言葉は『自分らが生きている今日は、震災で亡くなった人たちが生きたかった今日』チャンプには、ほかの馬の分まで一分一秒でも長く生きてほしい」

e0282161_22131931.jpg

〈ホーストラストで毎月送ってきてくれるチャンプのカレンダー〉

e0282161_22161337.jpg

近々、会いに行く予定です。
by blue_avenue55 | 2014-03-11 22:15 | 養老牧場

一口デビュー?② 出会えたね。 

前回の続きでございます。

私は、引退馬の一口スポンサーになろうとホーストラスト北海道さんに行きました。
事前に電話をし時間を決めていたのですが、ナビが付いていない車のため道に迷いながらも少し遅れて無事に到着。
e0282161_19261665.jpg

〈 道に迷った先にはこんな景色がありました 〉

会ってから決めようと思ってはいましたが、実はHPを見てある程度、この子がいいかなぁという候補をあげていました。

最初にHPを見たときは、ウルヴズグレンにしようかな、と思っていました。
それは彼が現役時代、札幌で走ったときに見た記憶があったからでした。
知らない馬よりは知ってる方が、と思ったからです。
でも、そこからグズグズしているうちにウルヴズグレンは満口になっていました。(良い事です)

そこで、上坂さんのブログにも書かれていた被災した経験を持つ彼に何かを感じスポンサーになるならこの子かな、と考えていました。

e0282161_20503853.jpg


彼の名は アドマイヤチャンプ

現役時代は中央でダートを走り準オープンまでいきました。

24戦4勝[4-3-2-15]
父ノーザンテースト、母ハッピートレイルズ
兄弟 シンコウラブリイ、タイキマーシャル、ハッピーパス……


中央引退後、盛岡に移ったようですが、すぐに大学の馬術部で乗馬になったようです。
そして大学の馬術部の乗馬を引退後、宮城県の乗馬クラブでお仕事。
ここまでは普通にある競走馬の馬生ですが、チャンプはここから衝撃的な経験をしてしまいました。

そう、あの東日本大震災で被災したのです。乗馬クラブにいた40頭が津波で流され、その後 瓦礫の中で傷だらけになりながらも2頭だけが生き残り発見されたそうで、そのうちの1頭が彼です。

私は、その事を知り彼に何かを感じました。あの震災は未だに終わってはいません。
( 色々と思うことは あるのですが、うまく書けません。)




着いてすぐに、厩舎に入ると 外と出入りが自由に出来る屋内に、こちらを見ている一頭がいます。
他の馬たちは皆、外の放牧場です。

e0282161_2050544.jpg



名をスタッフの方に聞くと、わたしがスポンサーになろうと思っていたチャンプでした!!

私の事を迎えてくれているの?こんな事ってあるのかしら♪
と思いましたが、スタッフの方、曰くチャンプはアブが嫌いで昼間はこの屋内にいることが多いのだそうです。(^^;
そ、そ、そういう事。

でも、一番に会えたのがチャンプだったのでとても嬉しく、彼のスポンサーになるという気持ちになんの迷いも無くなりました。

そしてチャンプに初めての挨拶。
私は、チャンプが受けた辛い経験から、あまり人になついたりしない子なんじゃないかと勝手に思っていました。

ところが そんな事は全く無く実に愛想の良い人懐こい子だったのです。
( 震災から2年が経ち、回りでお世話をしてくれた人たちの愛情によって少しづつ変わったのかもしれませんね。)

そんなチャンプと会えた私は、とても心が温かくなりました。
チャンプ、これから、よろしくね。

e0282161_20512117.jpg



私がチャンプに思うこと。
彼はここの牧場に6月に来たばかり。少しづつ慣れて他の馬たちのように仲良しが出きると良いなぁと。

そしてチャンプはあの震災で死に直面しながらも生き残りました。たくさんの死んでしまった仲間の分まで彼にはこれから幸せに生きてほしい。

e0282161_20515789.jpg

そんな事を思いつつ私はチャンプに出会えて本当に良かった。
これで夢だった 愛馬を持つことが現実となりました。



e0282161_20522848.jpg

〈↑私の通うクラブからこちらに来たキティホーク。早く足が治るといいね。〉


今回このような出会いのきっかけを作ってくださった方たちに心から感謝いたします。

e0282161_20551787.jpg

〈チャンプのスポンサー契約通知書と写真が届きました〉
by blue_avenue55 | 2013-08-27 21:15


メモ帳
最新のトラックバック
検索
タグ
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧