さよなら養分姐さん


馬大好きの馬写真と競馬日記
by ジュリー
カテゴリ
最新の記事
Epicharis 北海道2..
at 2016-11-05 22:00
ふれあい動物園
at 2016-07-06 22:45
ぴよちゃんとヤマちゃんとサミ..
at 2016-06-22 23:15
木曽馬のジェットじいちゃん
at 2016-06-15 23:15
お疲れさまでした
at 2016-06-08 21:45
以前の記事
記事ランキング

タグ:あれこれ ( 30 ) タグの人気記事

美しすぎる白馬の姉妹

先週末、愛馬(クラシックリディア)がデビュー、応援のため京都競馬場に行ってきました。
「愛馬デビュー」と翌日の「菊花賞」とここに残しておきたい事柄がてんこ盛りになっています。
しかし、今日ここに書くのは京都競馬場で会った美しい白馬の姉妹についてです。

愛馬デビューは目の前で見られなかったし、菊花賞は馬券外すしでイマイチ乗り気になれないんですよね。

そのせいもあってか撮ってきた写真を見ているとこの姉妹を一番に紹介したいと思ったのです。
e0282161_21455522.jpg
↑どうですか?  凄い美人さんじゃないですか?!

ちょうど京都競馬場に行った日、京都競馬場開設90周年を記念して馬事アトラクションが行われていました。
その中で「ファンタジックホースショー」としてこの美しすぎる姉妹が登場、色々な演技を見せてくれたのです。
e0282161_21535230.jpg
この姉妹、普段は馬事公苑にいるようで今回はイベントの為に京都競馬場まで来てくれたようです。
芦毛なのですがこの姉妹は本当に美しい毛色ですよね。

e0282161_21580008.jpg
この姉妹はルシターノという馬の種類だそうです。
少し調べたら、原産地はポルトガル。ポルトガルの騎兵隊の馬として広く用いられていたそう。
協調性があり賢く反応性が良いとありました。

e0282161_22034006.jpg
それにしても この姉妹、とても良く似ています。
良く見れば顔が微妙に違うのでしょうがパッと見は区別がつきません。
ショーの間に解説をして下さった方のお話では鬣の色が微妙に違う(真っ白と少しグレーが混ざっているの違い)のでそこで区別できるようです。
e0282161_22083537.jpg
姉妹はシンクロしながら演技をしたりしていました。↑ 残念ながらこの写真では全体が写っていませんが2頭でクールベットといわれる後ろ脚2本で立ち上がる演技をしています。

e0282161_22124212.jpg
↑こちらは左前脚を上げてご挨拶。
姉妹の名は姉が ネレイダ(14歳)、妹が ピノータ(12歳)

e0282161_22171429.jpg
↑ 姉妹で歯を見せる笑顔を披露。
写真にはありませんが、美しいお辞儀も見せてくれました。
2頭の駈歩も見せてくれましたが鬣をなびかせて走る姿は誰が見ても魅了されるでしょう。

e0282161_22215386.jpg
一通りの演技が終わると見てくれていたお客さまとのふれ合いタイム。
たくさんのお客さまが目の前にいて撫でられても触られてもとてもおとなしい姉妹。
e0282161_22242984.jpg
後ろ姿もやっぱり美しい。

それにしても京都競馬場で菊花賞だけじゃなくこんなイベントも見られてとてもラッキーでした。










by blue_avenue55 | 2015-10-28 22:30 | 馬写真

家の近所の小さな牧場

10月14日水曜日、前日からとても寒くなっていた。
朝、窓から見える山の頂上が白くなっていて、もう冬かぁとちょっと寂しくなった。(._.)
でもお天気が良かったので、馬が見たくなり出かけることに。(^_^)b

行先は赤井川というところにある赤井川牧場(ホピの丘)。
トンデンファームというところがやっているレストランなどもある牧場だ。
行ったことが無かったが友人がそこの写真を送ってくれて行きたいと思っていた。

e0282161_13182309.jpg


↑こんな子たちがいるらしい

ただ、家からは結構かかりそうだったしグネグネした峠を走らなければならないのが躊躇されたが冬はすぐそこまで近付いている。
今、行かないと来年になってしまう。
ということで思い切って出発!

ところが平地ではただ少し寒いという感じだったが目的地近くはかなり山の上。
上へ上へと行くに従い気温は少しづつ下がっていく。
そして道路脇には前日降ったという残雪。
道路も乾いていない。
車の温度計を見ると5度まで下がっていた。
まだ夏タイヤをはいている私は恐ろしくてしようがなかった。(((・・;)
途中、何度も引き返そうと思った。
これ以上はもう無理だなと思ったところにちょうどその牧場が忽然と現れた!
やったーーー!と思ったらなんとお休みだった。(>_<)

e0282161_13190180.jpg

↑ 毛無山(けなしやま)から見る小樽

あとから途中のワイン屋で働く友人に聞いたら前日は雪で通行止めになっていたらしく、恐らくその影響で休みだったのでは、ということだった。
平地に住む私が山を甘く考えていたのがいけなかったのだけど.....(T_T)

天気の良い日にスリルあるドライブを楽しめたということで良しとしよう、と行きは高速道路を使ったが帰りは国道で。

もう少しで家に着くという所で馬を見かけたのだ!!(o_o)
(しかし時速40㌔で走っているにもかかわらず馬を見つける私の動体視力も捨てたものではない)

e0282161_13265362.jpg
こんな牧場が家のそばにあるんですか?!と驚かないでください。
けっして馬産地に住んでいるわけではありません。

調べてみるとこの牧場は1915年にできたそうで、その頃この辺は恐らく野原だったと思う。
( 敷地内に石造のサイロと木造のサイロがあるというのは珍しいそう )
それが札幌の人口が増えるにつれ段々とこの辺まで住宅が押し寄せてきた。

私の記憶では、ずいぶん前は牛がいたような。
それがいつの間にか何もいなくなり、最近ではただ牧草地で牧草ロールを作っているようだった。
数年前だったか一頭の老馬がいたのも記憶しているがその後は何も見かけなかった。
だからいつもポニーでも飼えばいいのになぁと思っていた。

e0282161_13335835.jpg
この場所は車で通ることが多かったのだが、この日までポニーの存在に待ったく気が付かず。
いつからいたのだろうか・・・
とにかくわざわざ遠くまで馬に会いに行ったはずが、フラれてしまったこの日だからこそ、ここでお馬ちゃんに会えたのは本当に嬉しかった。
あんなに遠くまで行かなくても自転車で会いに来れたんだ。

e0282161_13380175.jpg
こんな写真を見ると住宅街といっても「閑静な」と思うだろう。
でも実はこの牧場 交差点角にあるのだが接している道路は片側2車線の広い道路で交通量もかなりある。
向かいはスーパーマーケット、隣は高校。
写真て本当に片面、しかも一部しか切り取らないから想像つかないでしょうね。(^^;

e0282161_13372124.jpg
ポニーは2頭しかいなかったけど、これからここを通るのが楽しみになったな。

e0282161_13495938.jpg
e0282161_13502728.jpg

↑鬣が伸び放題




by blue_avenue55 | 2015-10-17 13:30 | 馬写真

美人コンテスト

10月4日 日曜日 札幌競馬場で 「じみち美人コンテスト」なるものが開催されました。

じみち美人コンテスト? 
新聞に札幌競馬場の折り込みチラシが入っていたのですが、それには どさんこの写真が写っていたので、どさんこの美人コンテストなのかなぁと最初に想像しました。
それにしても「じみち」って????
となり良く読むと、側対歩のことを北海道では昔から「じみち」と呼んでいたとあります。

どうやら、どさんこ達が側対歩で歩く姿の美しさを競うコンテストということでした。

e0282161_11433343.jpg

まず どさんこ ですが、日本在来馬である北海道和種馬のことです。
粗食に耐え丈夫で力持ち。
明治以降の北海道の開拓に貢献してくれました。
現在はそういうお仕事も機械にとって代わり、どさんこの需要が減っている状況のようです。
今ではトレッキングなどのお仕事しかないようで、あとは行楽地で馬車を引いたり引き馬をしたり.....

e0282161_11444191.jpg

どさんこの毛色はサラブレッドと違い様々なので見ていると本当に楽しいです。

e0282161_11452387.jpg
↑この子は佐目毛という毛色で白毛より少しクリームがかった色をしています。よく見ると目が青くてとても綺麗でした。
佐目毛はアルビノではないそうです。

e0282161_11484222.jpg
お尻の方だけグレーの子もいたり。

大きさはサラブレッドより小さ目。
サラが隣にいれば比較できやすいのでしょうが、乗っている人を見るとなんとなくわかるかと。
この高さなら落馬してもあまり痛くなさそうなので私はどさんこで乗馬練習したいです。笑

このどさんこ達の歩様はサラブレッドの斜対歩と異なる側対歩。
片側の前後の脚が同じように動くんですね。↓
側対歩はDNAに組み込まれているそうで、これが無いサラブレッドや他の種の馬にはできないそうです。

e0282161_11545334.jpg
上下の反動が少ないですが、逆に左右の動きが大きいようであまり馬に乗ったことのない人だと落馬の危険性もあるそうです。

e0282161_11595274.jpg
この日は10頭のどさんこ達が来てくれて2頭づつトーナメント方式で側対歩の美しさを競うというものでした。
そしてその10頭に思いがけず知っている馬がもう一頭参加。
それはいつも札幌競馬場でひき馬などのお仕事をしているマカロンでした。

e0282161_12060361.jpg
実はマカロンは正真正銘のどさんこちゃんで登録名は「明心」だそうです。
この日は慣れないコンテストなるものに頑張って出ていたマカロン。

e0282161_12092245.jpg
結果はもうひとつのようでしたが、お疲れ様でした。

優勝したのは 愁悠 という女の子でした。

e0282161_12120623.jpg
↑ 本当に綺麗な側対歩でした。おめでとう!!

どさんこたちを見ていると、皆おとなしいく是非飼ってみたい、と思ってしまいました。
(それなりの施設がないと無理ですけどね。^^;)

e0282161_13033756.jpg
この日のために遠くからわざわざ来てくれた、どさんこちゃんたちもいたようで 本当にお疲れ様でした。

e0282161_13082884.jpg
いつか どさんこに乗ってみよう!と強く思った一日でした。


by blue_avenue55 | 2015-10-11 17:00 | 馬写真

バースデーイヴのサミーくん

一か月のご無沙汰でした。
人生いろいろあるもので。。。


さて 昨日SNS で最近人気のサミーくん(ノーザンホースパーク)が3歳のお誕生日だったというのを知りました。サミーくんは乙女座だったのですね♪

で、そんなことも知らず たまたま誕生日の前日に久しぶりにノーザンホースパークに行ったのでした。
以前このブログでも書きましたが、サミーくんはポニーショーでも一緒に出ているやまちゃんと本当に仲良しでした。 いつも一緒で....

久々にポニーたちがいる放牧場を見てみると やまちゃんの隣には

e0282161_19405352.jpg

あれっ、サミーくんがいない。

どこだ、どこだ?と探していると かくれんぼでもしているようにひっそりといるじゃないですか!
e0282161_19454938.jpg


さすがに少しは大人になったのでしょうか、単独行動。
そしてサミーくん、可愛いお姉さんをみつけて近づいていきます。
e0282161_19483446.jpg


鼻を撫でられ めっさ気持ちよさそう。
e0282161_19522394.jpg


今度は、背中を撫でてもらい更に気持ち良さげ。
e0282161_19545231.jpg


どうやら、すっかり良い気持ちになったらしく今度は自分から 「ここもお願いします」とお尻を向けました!
e0282161_19565765.jpg


おとなに近づいたサミーくん、普段やまちゃんと一緒にいる姿を見ることも少なくなるのかなぁと思っていたら、、
e0282161_20153482.jpg

この日、日差しが強く9月にしては少し暑いくらいだったので皆屋根付きの小屋へ避難中。
そしてやまちゃんの後ろにはしっかりサミーくんが!!

前から見るとこんな感じ。
e0282161_20253699.jpg


やっぱりいくつになっても仲良しは変わらないかな。
by blue_avenue55 | 2015-09-09 20:15

一勝の難しさ

今まで、申し訳ないのですが3歳未勝利戦のことを真剣に考えたことがありませんでした。
なんとなく、3歳の秋にまだ一勝もできていない馬たちがスーパー未勝利などと呼ばれているレースに最後の望みをかけて出走する・・・
そんな認識しかありませんでした。

今回、自分が一口とはいえ、愛馬がいて、その愛馬ブランダルジャンが今3歳未勝利。
そうなると身を持ってその厳しさ、一勝の難しさを感じているところ。

そのスーパー未勝利戦は第4回中山、阪神のみで行われ、しかも出走制限がついています。
(1) 出走回数が5走以下
(2) 前走がJRAの平地競走で5着以内
のどちらかの条件を満たしていなければいけないのです。


先日レンベルガーのデビュー応援に中京競馬場へ行った時、ふとパドックを見ると私好みの金髪たてがみのお馬さんを発見。
なんという馬かなぁと出馬表をみるとタガノカムイという馬でした。
しかも私の応援厩舎、3歳未勝利でそのレースが5戦目でした。
e0282161_11240459.jpg
(タガノカムイ、金髪というよりメッシュですね。これはこれでカッコいい!)
4番人気。
父ダイワメジャー、この日のやや重の馬場も味方するのでは?と思いました。
e0282161_13252635.jpg
e0282161_22091962.jpg
e0282161_11285482.jpg
結果は惜しいクビ差の2着。
最後の直線で先頭に出たものの、ゴール前寸前で1番人気のケルンダッシュ 武豊ジョッキーに差されてしまいました。

e0282161_11324857.jpg
この写真を撮ったところまでは先頭だったのに。。。

惜しくもこのレースは負けてしまいましたが、次こそ一勝目指して頑張って。

そしてブランダルジャンも頑張れ。

.....と私は応援することしかできません。(;_;)


〈 8/10 追 記 〉タガノカムイ、未勝利脱出おめでとうございました!(≧▽≦) このブログを書いた後、中2週で再度中京で走り 3着。中1週の昨日、小倉で勝ちました。この時期の貴重な一勝です。本当に良かった。
ブランダルジャンも続いて勝ってほしいと切に思います。(*´-`)

by blue_avenue55 | 2015-07-19 11:45

愛犬ウッディ

このブログでは初めて、そして最後の登場となる愛犬ウッディ号。
先日6月21日に14歳と9ヶ月で旅立った。

e0282161_15532368.jpg

愛犬が他界したのは今回初めてではない。
でも一番長く一緒にいたのがこのウッディだった。

ウッディは中々良い奴だった。
まだ小さいころ、臆病な同居犬が階段を怖がっていると自分が何度も上がったり降りたりして教えている現場を見たときは感動したっけ。
途中から仲間いりしたフレブルのトロには自分がいつもいた場所をいつの間にか、だまって譲っていたり。

もの凄い食いしん坊で、届かないだろうと思ったテーブルの上のカフェオレを飲まれたり、箱に入れてあったチョコレートも盗み食いされた。
(注:チョコレートの成分は犬には危険なので充分気をつけましょう!)
今年に入ってから食べても食べても痩せてしまいお腹に大きな腫瘍ができていた。
病院ではもう老犬でもあり手術は難しいと言われてしまう。

とにかく最期まで家で・・・と覚悟を決めた。
あの食いしん坊ウッディが先週の木曜日に初めてご飯を食べなかった。
その日は無理やり食べさせるもその後はもう食べることを止めてしまった。
ただ、水だけはヨロヨロしながらも自分で飲んでいた。

金曜日、だいぶ歩くことも困難になっていたのに、私が外出から帰ると玄関まで迎えに来てくれた。
この日の夜から呼吸が苦しそうになる。

土曜日、ウッディを横目で見ながら私はいつものように競馬。
色々悩みの種があるにも関わらず何故かこの日は集中してプラスで終了。
この日ぐらいから本当に歩行が困難になっているのでシリンジ(注射器みたいなもの)で水分供給。

日曜日の朝、驚くことに自分で水のある場所まで歩いて行った。
これならまだ数日は大丈夫に違いないと思った。
またまたウッディを横目で見ながら私は競馬。
前日のプラスを使いこんだがトータルプラスで終了した。
前週が大負けしたので非常に嬉しかった。

だけど夕方買物から帰ってきて一時間もしないうちにウッディは呆気なく息を引き取ってしまった。
ちゃんと私に競馬を勝たせてくれて、そして家族が揃っているところで安心したのだろうか。

不思議と大泣きすることはなかった。
ただ、ここ数日ウッディのいた場所を見ては彼の姿が無いのが変な感覚。
彼の姿を見ようとすると小さくなった写真だけ。
私はウッディと一緒にいられた14年、とても楽しかったけど彼はどうだったかな?
幸せな犬生だった、と思っていてくれたらいいな。

e0282161_15535954.jpg

↓ 馬ごよみ
e0282161_15543161.jpg

e0282161_15550795.jpg

e0282161_15554568.jpg

e0282161_15563945.jpg

e0282161_15570729.jpg

e0282161_15573221.jpg

e0282161_15581363.jpg

e0282161_15584550.jpg

e0282161_15592222.jpg

e0282161_15595493.jpg

e0282161_16002321.jpg

by blue_avenue55 | 2015-06-24 16:00

ヤマちゃんとサミーくん①

知る人ぞ、知る ノーザンホースパークの人気ポニー。

ずっとブログにUPしたかった、ヤマちゃんとサミーくんの写真。

実は昨年の7月、ポニーショーで会った二頭に感動!
その時の写真もずっとUPしたかったのにそのまま温めています。

今回は昨年のものではなく、まず先月ノーザンホースパークに行った時のものをここにUPします。
e0282161_15145813.jpg
2頭はとっても仲良し。

ポニーショーに出るのも一緒です。
仲が良いとは聞いていますが、それはどこまでなのか本当はそうでもないんじゃないか、とか思っていました。
しかし雪に覆われた、ポニーたちの放牧場をしばらく見ていたら・・・
e0282161_15164053.jpg
ヤマちゃんに寄りそうサミーくん。
e0282161_15180526.jpg
挟まれているけど、やっぱりヤマちゃんにくっついているサミーくん。

ヤマちゃんは時々他の子たちと遊んだりしてどこかへ行くとサミーくんは必ず探してまたヤマちゃんの側に。

e0282161_15255795.jpg
とにかく、くっついていれば安心できるようです。
e0282161_15271925.jpg
e0282161_15293601.jpg
↑サミーくんもヤマちゃんと同じ小屋に入りたかったのに入れてもらえず、ちょっとすねてる?
e0282161_1550148.jpg


これは昨年撮ったものですが、ヤマちゃんて本当の名は山王というんですね。
なんだかカッコいい!
サミーくんは今年まだ2歳。まだまで子どもだったんですね。
ヤマちゃんは頼りになるお兄さんなのでしょうか。
e0282161_15350441.jpg
放牧の時間が終わり馬房へ戻るのも2頭一緒に戻ります。
e0282161_15392285.jpg
なんと馬房まで仲良く一緒なのですね♪

最後にもういっちょ、サミーくん
e0282161_15423180.jpg


by blue_avenue55 | 2015-02-21 19:15

さっぽろ雪まつり2015とJRA

2015年2月5日から行われた、さっぽろ雪まつりは無事に11日に終了。
今年は昨年から5万人少ない235万人の方が来場したそうです。

終了翌日からはクレーンなどを使ってさっそく取り壊し作業をしていました。
作り上げられるまで、あれだけ日数と労力がかかるのに壊すのはあっという間です。


昨年からJRAがスポンサーの中雪像でプロジェクションマッピングが上映され、今年も第二弾があるということで楽しみにしていました。
e0282161_22582836.jpg

< 今年の札幌競馬場開催は 8/1~9/6 >
動画は撮っていないので静止画ですいません。

e0282161_23010014.jpg
昨年もそうでしたが、雪像自体は、そんなに凹凸がハッキリとしているわけでは無いのです。
そこに(最近はすっかりポピュラーになりましたが)プロジェクションマッピングで写真のような立体感!
e0282161_23015484.jpg
もちろん色も自在ですからこのように何でも出来ちゃうんですね。
e0282161_23023686.jpg
今年初めて見た知人は今年の雪まつりのプロジェクションマッピングではJRAのものが一番感動した、と言っていました。(゚Д゚)マジ?


今季、札幌の冬はちょっと異常です。
12月早々から大雪、積雪量は驚くほど多かった。
なのに気温が高めで日中の気温がプラスの日もかなり多く雪まつりの間でもそんな日があったのです。
それは雪像にとっては過酷な条件で、なにせ雪ですから溶けてしまいます。
2/8日曜日は気温が+3.5℃まで上がり、しかも雨。
この日で20数基の雪像が危険な状態と判断され取り壊されてしまいました。
私が写真を撮りに行ったのはその2日後。
e0282161_23285174.jpg


なので、↑このような状態になった雪像をいくつか見かけました。
e0282161_23253507.jpg
人気のあったこの雪像も実は後ろにあった宇宙船が取り壊されています。
開催前日に友人が撮った写真がこちら。↓
e0282161_23292255.jpg


違いがわかりますか?

今年は、もう一つ馬関連の雪像がありました。
ばんえい競馬の雪像です。
e0282161_23034628.jpg
ところがこれもかなり溶けかけていて、ばん馬が犬のようにも見えなくもない。
e0282161_23041962.jpg
とても残念でした。


今紹介した大通公園内の会場とは別に、すすきのにもう一つ会場があります。
そこは雪像ではなく氷像ばかりを展示しています。
今年はそこにこんな馬の氷像をみつけました。
e0282161_23295864.jpg


ダイビングしているような格好になっていますね。


余談ですが、今年この すすきの会場に魚などを凍らせ氷に埋め込まれた竜宮城が作られました。
ところがこの魚たちの血抜きがきちっと出来ていなかったようで血が滲み出し、見た人達から「まるで地獄絵図のようだ」とネットで話題になってしまったそうです。(´Д`A;)
e0282161_23303273.jpg


私の写真ではあまり判りませんが・・・


年々温暖化が現実的になっているのを感じるこの頃。
雪まつりにとっては厳しい状況ですが、来年はどんな雪像が作られるのでしょうか?

e0282161_23262021.jpg

e0282161_23265087.jpg
<大通会場の大雪像 春日大社はプロジェクションマッピング>

(注:実は地元の住人は雪まつりをほとんど見に行きません。私はちょっとレアです。)



by blue_avenue55 | 2015-02-14 23:30

馬チョコ 2015


2月14日はバレンタインデー。

最近は自分のために少し高級なチョコレートを買うという女性が増えているようです。
実は私もその一人。
デパートでは普段売っていないような高級チョコレートが沢山あって目移りしてしまいます。

今年はいつもとちょっと違って馬関連のチョコレートを探してみました。
それをここに紹介します。

インスタグラムでフォローしている方がアップしていたモロゾフのチョコレートを見て一目ぼれ!
速攻買いに行きました。

e0282161_11373499.jpg
この LYCKA TILL(リッカティル)というシリーズ。
北欧に伝わる幸せのシンボル「ダーラナホース」のパッケージがとても可愛い!
チョコを食べた後もこの箱を何に使おうか考えています。
e0282161_11381961.jpg



ソニープラザの輸入チョコレートのコーナーを見ているとこんなのをみつけました。
e0282161_11390527.jpg

e0282161_11393759.jpg
チェスの駒がチョコレートでできています。
チェス自体はよく知らないのですが、その中に馬の形をした駒があるのは知っていました。
このチョコレート、残念なのは駒が前面しか立体ではないのです。


近所のスーパーではこんな物も。
e0282161_11403211.jpg

e0282161_11410570.jpg
馬の毛色は3種類くらいあったと思います。
ちゃんと動くのが面白い!
競馬好きなお父さんへのチョコなのでしょうか。
( もはやチョコでは無い気もします)
レジのお姉さんがこの商品を見て「こんなチョコがあるんですね?!私もうちのお父さんに買ってあげようかな。」と言っていました。
きっとこのお姉さんは私が自分用に買ったとは思っていないと思います。

ロイズのこれはもう定番ですね。
e0282161_11423391.jpg



最後に……
馬に乗った裸婦のシンボルマークを持つゴディバ。

e0282161_1147385.jpg


今回調べてみて初めてこのマークの持つ意味を知りました。

「ゴディバ」の名は、11世紀英国の伯爵夫人レディ・ゴディバに由来するそう。

領主レオフリック伯爵とその美しい妻レディ・ゴディバの伝説は、1043年、英国の小さな町コベントリーで生まれました。
レオフリック伯爵はコベントリーの領主に任命され、この小さな町を文化的な都市に発展させようと決意します。
大変信心深かった二人はまず大修道院を建設、これが成功し伯爵の野心に火がつき次々と公共の建物を建てては領民の税を増やしたそうです。
重税に苦しむ領民、、心優しいレディ・ゴディバは伯爵に税を引き下げるよう何度も訴えます。
伯爵は最初、その申し出を断りましたが彼女の諦めない訴えに疲れ 彼女に告げます。
「もし、お前が一糸まとわぬ姿で馬に乗り町中を廻れたなら、その時は税を引き下げて建設計画は取り止めよう。」
翌朝、彼女は言われたとおり裸で馬に乗り町を廻りました。領民たちはそんな彼女の姿を見ないように窓を閉ざし敬意を表しました。
そして伯爵は彼女との約束を守り税を引き下げました。(これはあくまでも伝説です)

「ゴディバ」のシンボルマークである、馬に跨った裸婦こそが重税を課そうとする夫を戒め、苦しむ領民を救うために自らを犠牲にした彼女の姿……

ゴディバの創始者ジョセフ・ドラップスと妻のガブリエルは、レディ・ゴディバの勇気と深い愛に感銘し、1926年ベルギーに誕生した自らのブランドに「ゴディバ」の名を付けたそうです。

そんな意味があったとは。。。

e0282161_11440160.jpg


今年も、美味しくチョコレートをいただきます。




by blue_avenue55 | 2015-02-10 11:45

雪ファンタジア☆・:*。* 2/3~2/8 馬ごよみ

札幌では今、雪まつりが開催中。(2/5~2/11)
地元の住民はほとんど見に行かないといわれています。笑

でも海外の観光のお客様は年々増えているような。
私もあまり行くことは無かったのですが数年前から写真を撮るようになってからは毎年行くようになりました。
(今年は明日、行く予定)

今季の冬は札幌も雪が多くて大変です。
雪像作りには良さそうに思うでしょうが、あの雪まつりに使っている雪はそこらへんに降った雪ではないのです。
わざわざ綺麗な雪を郊外から運んでくるのです。
そして今年は例年になく日中の気温が高く、昨日は+3.5℃、しかも雨。
雪像の倒壊や取り壊しが相次いでしまったようです。(((((゜゜;)


雪が多いとさすがに嫌になるのですが、色々な物を覆い隠し真っ白にしてしまう雪......私は好きです。
雪と馬の写真。
撮るのは寒くて大変ですが写真としてはなんだか幻想的でもありますよね。

先日、知人が私の応援馬出走を知り雪が降っている中、わざわざ写真を撮ってくれました。

e0282161_21464497.jpg

e0282161_21473257.jpg
e0282161_21481374.jpg

雪がちらつく中の栗毛の女の子。
馬名のとおり写真もファンタジア。
とても幻想的に見えてすごく好きな写真です。
寒い中、撮ってくれた知人には本当に感謝です。m(_ _)m

ということで、(どういうことで?笑)1週間の馬ごよみです。↓
e0282161_21541872.jpg
e0282161_21550396.jpg
e0282161_21553856.jpg
e0282161_21561028.jpg
e0282161_21570460.jpg
e0282161_21573242.jpg

by blue_avenue55 | 2015-02-09 22:00 | 馬ごよみ


メモ帳
最新のトラックバック
検索
タグ
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧