さよなら養分姐さん


馬大好きの馬写真と競馬日記
by ジュリー
カテゴリ
最新の記事
Epicharis 北海道2..
at 2016-11-05 22:00
ふれあい動物園
at 2016-07-06 22:45
ぴよちゃんとヤマちゃんとサミ..
at 2016-06-22 23:15
木曽馬のジェットじいちゃん
at 2016-06-15 23:15
お疲れさまでした
at 2016-06-08 21:45
以前の記事
記事ランキング

<   2016年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ぴよちゃんとヤマちゃんとサミーくん

6月18日土曜日、ノーザンホースパークで春季馬術大会が行われていたので行ってきました。
実は5月に行われた新緑馬術大会も行っていて、その時に撮った写真をここにUPしたいと思いつつ今日に至っています。
(デルタブルース、フォゲッタブル、インティライミの雄姿をぜひ・・・)

ここ最近、私が気になっていたのはヤマちゃん、サミーくんのポニーショーがしばらく無かったこと。
サミーくんの体調不安説もあったようですが、放牧場には他のポニーたちと一緒に出ていたのを見ていたので、また二人のショーが見たいなぁと思っていました。
この日のポニーショーは誰かなと見てみると、11時からは、すーちゃん。
13時からは、なんとヤマちゃんとサミーくんとなっているではありませんか!!

馬術大会の合間にまずは、すーちゃんのショーを見に行って驚き。
どこかで見たことのある方が会場の正面に座られています。

グリーンチャンネルでも番組を持たれている草野仁さんでした。
どうやら、この様子は番組で使われるのか収録しているようでした。

e0282161_22454304.jpg


 すーちゃんからのKISSを受ける草野さん。




 こんな所で草野さんに会えるとは思ってもみませんでした。

 そして13時の回の再びポニーショーへ。



e0282161_22491088.jpg

ポニーショーでは久しぶりに見るヤマちゃんとサミーくんです。
e0282161_22530356.jpg
まずは、前脚フリフリの最初のご挨拶。

e0282161_22552904.jpg
短い脚ですがサミーくんもちゃんとご挨拶。

e0282161_22570164.jpg


 ヤマちゃんの立ち上がる姿、カッコいい!!

 
後ろで見ていたサミーくんもきっとそんな風に思って見ていたはず。




e0282161_22593834.jpg
e0282161_23015308.jpg

 おっと、サミーくんも出来るじゃないですか!!


私はサミーくんのこの姿を初めて見たので感動してしまいました。

そういえば最後にサミーくんのショーを見たのはもう昨年のことだったかも・・・

ちゃんと成長しているんですね。






このあと、ジャンプも披露してくれたヤマちゃんとサミーくん。

サミーくんのあれはジャンプ?
ここでは写真を載せませんので是非見たい方はノーザンホースパークへ!




そしていよいよ、ぴよちゃん登場!!
噂には聞いていましたがどんなショーなのか楽しみにしていました。

[ 注 意 ] ここからはネタバレになります。

e0282161_23124654.jpg
サミーくんが上手に口を使って箱を開けます。
その中から出てきたのは、なんとぴよちゃん。
e0282161_23141771.jpg
よちよち歩きながら ヤマちゃんのいる方へ向かいます。

e0282161_23151867.jpg


お姉さんの羽ばたくポーズ。

さてぴよちゃんはどうするのか?


e0282161_23163997.jpg
飛んだーーー、そしてヤマちゃんが付けている背中のカゴに。
素晴らしい~!
ブラボー!!
ワンダホー!!
e0282161_23193481.jpg
すっかり ぴよちゃんもヤマちゃん、サミーくんの仲間といった感じでした。

これからもポニーショーの進化に目が離せません。




by blue_avenue55 | 2016-06-22 23:15 | 馬写真

木曽馬のジェットじいちゃん

数日前、東北地方でも梅雨入りしたようで。
北海道には梅雨がないと言われていますが、近年、地球温暖化現象のためか以前より全く梅雨とは無関係というようなお天気ではない気がします。
実際に蝦夷梅雨という言葉もあります。

ここ数日強風の上に雨が降る日が続いたのですが、今朝は久しぶりの青空。
風が強いのは変わりませんが久々の太陽を浴びたくなり近くの馬のいる場所へカメラを持って出かけました。

以前ここでも書いたことのあるサッポロさとらんどという所。
物凄く広い敷地ですが、馬は園内馬車を引く重種馬2頭と引馬をしている3頭しかいません。
(昨年はポニーも数頭いたのですが、今年はいないようで馬好きとしては寂しいかぎり。)

e0282161_22421970.jpg
↑ 普段、引馬のお仕事をしているドサンコのちはるちゃん。
昨年ももちろん写真撮ったりしているので知っていたのですが、なんと女の子だったと今日知りました。
e0282161_22350604.jpg
毛色は粕毛(かすげ)というちょっと変わった毛色。
やんちゃで一緒に放牧されていた3頭で一番偉そうにしていました。

ちはるちゃんの後ろに薄いブルーの花が写っているのですが、これは今の季節に咲く亜麻の花。
e0282161_22455335.jpg


さとらんどには花も結構植えられているので季節ごとの花も楽しめます。

この亜麻の花は、朝早くに咲いて午後にはしぼんでしまうそうなのです。
私が行ったのはちょうどお昼前だったので、ギリギリ咲いているのに間に合ったのでしょうか。





e0282161_22475545.jpgこの亜麻の花の種から最近体に良いと話題の亜麻仁油が作られるそうです。知らなかった~。


e0282161_22542503.jpg
↑ こちらは引馬のもう一頭、ドサンコのさくらちゃん。
本当はちはるちゃんよりずいぶんお姉さんなのに、さくらちゃんに気を使いながらひっそりといました。
時々ちはるちゃんが追いやったりするので見ているととても可哀想になってしまいます。

e0282161_22573133.jpg
毛色は月毛という綺麗な色です。

そして引馬3頭目の・・・

e0282161_22590510.jpg
↑ こちらがジェットじいちゃん。
もちろん昨年も会っているのですが、私は勝手に他の2頭と同じドサンコだと思っていました。
ところが今日、名前とプロフィールを見てびっくり!!
木曽馬だったのです。
木曽馬なんて身近ではそうそう見られません。
SNSで京都競馬場にいるタケトミ君を知っているくらいです。
まさかこんな近くに木曽馬がいたとは!

e0282161_23103089.jpg

木曽馬とは、ドサンコと同じように日本在来種。
本州での在来種はこの木曽馬だけだそうです。
(ちなみに日本在来種は全部で8種。気になる方は Wiki ってください。笑)

e0282161_23110886.jpg
このジェットというハイカラな名前が付いている木曽馬ですが、御年24歳のおじいちゃん。
年を知ってから急におじいちゃんに見えてくるのですから不思議です。

e0282161_23131888.jpg

私がいる間、小さな子どもを二人と男性を二人、背に乗せ お仕事をこなしていました。
木曽馬自体とてもおとなしい性格のようですが、本当に見ていてもドサンコよりはるかにおとなしそうでした。

e0282161_23170396.jpg
木曽馬だと分かってから見ると確かに体形とかドサンコとは違うんですよね。

これからも、まだまだ元気に引馬のお仕事をしてほしいです。
長生きしてね、ジェットじいちゃん。

e0282161_23202256.jpg





by blue_avenue55 | 2016-06-15 23:15 | 馬写真

お疲れさまでした

e0282161_20333629.jpg
各競馬場にはそれぞれ誘導馬がいます。
競走馬にスポットが当たる競馬場ですが、陰ながら支えている誘導馬も忘れてはいけない存在です。
誘導馬が好きというファンもいますよね。


風の便りに札幌競馬場の誘導馬 ロングキングダム号がこの世を去ったと聞きました。
1週間前のことです。
とても悲しい気持ちになりましたし信じたくなかった。
そして今日、PCで札幌競馬場の誘導馬紹介を見るともう彼の写真が無くなっていて本当のことなんだなと。

彼は私の中でとても印象深い誘導馬の一頭でした。

実は私の通う乗馬クラブの馬の弟が札幌競馬場で誘導馬(ベイズウォーター)をしています。
そんなこともあって誘導馬をよく見るようになりました。
e0282161_21514642.jpg
↑ 左がベイズウォーター、右がロングキングダム


札幌競馬場ではそれほど頭数も多くありませんので馬名はすぐに覚えることができました。
札幌競馬場スタンド改修オープンの2年前、待ちに待った競馬場へ行くと初心者マークを付けた新しい誘導馬がいました。
私の記憶では元競走馬オースミイレブンです。
新しい誘導馬が加わると去る誘導馬も。。。
お昼休みに内馬場へ馬車を見たくて行ってみると、そこに見覚えのある芦毛のお馬さんがいました。
e0282161_20322625.jpg



 名前を見るとロングキングダムと書いてありました。
 あれ?聞いたことある・・・
 あっ改修前までは誘導馬をしていた馬だ!と。
 そんなお馬さんを近くで見れたのがとても嬉しくて写真を撮っていました。
 そして少し様子を見ているととてもおとなしいのです。
 
 
 

誘導馬を引退し今度は子どもたちを背中に乗せ楽しませてくれる引馬のお仕事をしているようでした。

e0282161_20331066.jpg
この写真を撮ったときはちょうどお仕事終わっての休憩中だったと思います。
e0282161_20332351.jpg

そしてこの翌年の2015年、(私はあまり競馬場に行けなかったのですが)競馬場に行って、再びロングキンダムに会い驚きました。

e0282161_21532447.jpg
そう、彼は再び誘導馬に復帰していたからです。
前の年には引退して引馬していたはずなのに・・・
あとから分かったのですがオースミイレブンが馬事公苑に移動になっていました。
その代わり新しい誘導馬もまた増えていましたが、ロングキングダムのようなベテランの力も必要だったんじゃないかなと想像します。
e0282161_21540069.jpg
1年のブランクを全く感じさせない堂々とした誘導です。

そんなことがあったので、私の中ではロングキングダムが誘導馬の中では親しみ深いお馬さんになっていました。

2016年の今年3月、私は初めて札幌乗馬センターの見学会に参加しました。
ここには札幌競馬場で働く誘導馬の皆、ポニーのトニー、ノリスケ。
馬車を引くチャンス、引馬のお仕事しているマカロンがいます。
(その時の誘導馬さんたちのプライベート写真もそのうちブログにUPしたいとは思っているのですが。)

もちろんこの時、ロングキングダムもいました。

e0282161_20324877.jpg





でも この時が彼に会えた最後になってしまいました。
また今年、札幌競馬場で再会できるのを楽しみにしていたのに。


本当に優しい目をしたロングキングダム。
お疲れ様でした。

ゆっくり休んでね。

e0282161_20335304.jpg




by blue_avenue55 | 2016-06-08 21:45 | 札幌競馬場


メモ帳
最新のトラックバック
検索
タグ
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧