さよなら養分姐さん


馬大好きの馬写真と競馬日記
by ジュリー
カテゴリ
最新の記事
Epicharis 北海道2..
at 2016-11-05 22:00
ふれあい動物園
at 2016-07-06 22:45
ぴよちゃんとヤマちゃんとサミ..
at 2016-06-22 23:15
木曽馬のジェットじいちゃん
at 2016-06-15 23:15
お疲れさまでした
at 2016-06-08 21:45
以前の記事
記事ランキング

<   2013年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

一口デビュー?② 出会えたね。 

前回の続きでございます。

私は、引退馬の一口スポンサーになろうとホーストラスト北海道さんに行きました。
事前に電話をし時間を決めていたのですが、ナビが付いていない車のため道に迷いながらも少し遅れて無事に到着。
e0282161_19261665.jpg

〈 道に迷った先にはこんな景色がありました 〉

会ってから決めようと思ってはいましたが、実はHPを見てある程度、この子がいいかなぁという候補をあげていました。

最初にHPを見たときは、ウルヴズグレンにしようかな、と思っていました。
それは彼が現役時代、札幌で走ったときに見た記憶があったからでした。
知らない馬よりは知ってる方が、と思ったからです。
でも、そこからグズグズしているうちにウルヴズグレンは満口になっていました。(良い事です)

そこで、上坂さんのブログにも書かれていた被災した経験を持つ彼に何かを感じスポンサーになるならこの子かな、と考えていました。

e0282161_20503853.jpg


彼の名は アドマイヤチャンプ

現役時代は中央でダートを走り準オープンまでいきました。

24戦4勝[4-3-2-15]
父ノーザンテースト、母ハッピートレイルズ
兄弟 シンコウラブリイ、タイキマーシャル、ハッピーパス……


中央引退後、盛岡に移ったようですが、すぐに大学の馬術部で乗馬になったようです。
そして大学の馬術部の乗馬を引退後、宮城県の乗馬クラブでお仕事。
ここまでは普通にある競走馬の馬生ですが、チャンプはここから衝撃的な経験をしてしまいました。

そう、あの東日本大震災で被災したのです。乗馬クラブにいた40頭が津波で流され、その後 瓦礫の中で傷だらけになりながらも2頭だけが生き残り発見されたそうで、そのうちの1頭が彼です。

私は、その事を知り彼に何かを感じました。あの震災は未だに終わってはいません。
( 色々と思うことは あるのですが、うまく書けません。)




着いてすぐに、厩舎に入ると 外と出入りが自由に出来る屋内に、こちらを見ている一頭がいます。
他の馬たちは皆、外の放牧場です。

e0282161_2050544.jpg



名をスタッフの方に聞くと、わたしがスポンサーになろうと思っていたチャンプでした!!

私の事を迎えてくれているの?こんな事ってあるのかしら♪
と思いましたが、スタッフの方、曰くチャンプはアブが嫌いで昼間はこの屋内にいることが多いのだそうです。(^^;
そ、そ、そういう事。

でも、一番に会えたのがチャンプだったのでとても嬉しく、彼のスポンサーになるという気持ちになんの迷いも無くなりました。

そしてチャンプに初めての挨拶。
私は、チャンプが受けた辛い経験から、あまり人になついたりしない子なんじゃないかと勝手に思っていました。

ところが そんな事は全く無く実に愛想の良い人懐こい子だったのです。
( 震災から2年が経ち、回りでお世話をしてくれた人たちの愛情によって少しづつ変わったのかもしれませんね。)

そんなチャンプと会えた私は、とても心が温かくなりました。
チャンプ、これから、よろしくね。

e0282161_20512117.jpg



私がチャンプに思うこと。
彼はここの牧場に6月に来たばかり。少しづつ慣れて他の馬たちのように仲良しが出きると良いなぁと。

そしてチャンプはあの震災で死に直面しながらも生き残りました。たくさんの死んでしまった仲間の分まで彼にはこれから幸せに生きてほしい。

e0282161_20515789.jpg

そんな事を思いつつ私はチャンプに出会えて本当に良かった。
これで夢だった 愛馬を持つことが現実となりました。



e0282161_20522848.jpg

〈↑私の通うクラブからこちらに来たキティホーク。早く足が治るといいね。〉


今回このような出会いのきっかけを作ってくださった方たちに心から感謝いたします。

e0282161_20551787.jpg

〈チャンプのスポンサー契約通知書と写真が届きました〉
by blue_avenue55 | 2013-08-27 21:15

一口デビュー? ①養老牧場

先週の土曜日、引退馬の養老牧場ともいうべきホーストラスト北海道さんに行ってきました。
ここは、故障や老齢になったりしたためにお仕事ができなくなってしまったお馬さんが余生を自然の中で過ごす牧場です。

この牧場を知ったのは、先月「競馬女子部」という競馬大好きな女性たちがリレー形式でブログを更新するという企画の中の上坂由香さんのブログで知りました。
(私の7月のブログ 「思うこと。」の中でリンク貼ってあります。)

e0282161_21361883.jpg

この牧場のホームページを見ると、そこにいるお馬さん全てに馬主さんがいるわけではなく、だいたいは1頭を数十口に分けてスポンサーを募集して養うという形をとっているのでした。(馬を決めずにスポンサーという形もあります)

Twitter をやっていると競馬クラスタの皆さんで一口馬主をされている方が結構いらっしゃいます。実は私も一口馬主に憧れて、いつかは自分の馬を、、と思っていました。
ただ、馬のことがそんなに詳しいわけではないし、どの馬を選んでいいかはっきり言ってわかりません。好きな牝馬(現役時代を知っていて)の仔ということで選んでもいいのかもしれません。
でも色々な方の呟きを見ていると出資馬が無事にデビューするだけでも大変なようです。
そんな感じで躊躇していたのですが、今回のホーストラストさんの引退馬のスポンサー募集を知ったときには、これだ!!と思ったのです。
一口は一口でも現役の競走馬ではなく、引退馬の一口に出資しようと。

そしてせっかく出資をするのだから、その馬に実際に会ってちゃんと決めようと思い、行ったのでした。

e0282161_21472514.jpg


札幌から車で2時間くらいでしょうか。
山間にそこはありました。
小さな町から少し離れたこの場所は回りはもう自然しかありません。
そんな中で現役を引退した馬たちが静かに暮らしているのです。

e0282161_2158256.jpg


スタッフの方に案内していただき、放牧場に入りました。
一頭だけでいる馬もいるし数頭で一緒にいたりとそれぞれ好きな場所にいるという感じです。
私は密かに、奈良公園の鹿のように人が入ると皆が一斉近寄って来るのではと思っていました。
ところが意外と皆、知らん顔。ちらっとこちらを確認はしているようですが無関心です。
ちょっと残念に思っていると、一頭こちらに向かってやってきました。
スタッフの方に聞くとその馬はマイネルモルゲンでした。
そこにいるのは知っていたし、現役の頃を知っているので会いたい1頭だったので嬉しかった。
もう一頭、重賞勝ち馬のダイタクバートラムもここにいて遠くからでしたが会う事ができました。
(スイマセン、写真撮っていません。)
一頭、とても人なつこい、どさんこのお馬ちゃんがいて放牧場にいる間中、私たちから かた時も離れることはありませんでした。

e0282161_2212257.jpg

ここでは、牝馬も牡馬もに外に出られる元気な馬は一緒に放牧されています。
すると中にはパートナーとも呼ぶべき相手ができたりするらしいのです。

e0282161_22161075.jpg

写真はエイシンタイフーン(芦毛)、キャプテンの2頭。とても仲が良いようで、後から写真を見てみるといつも一緒に写っていました。

それから、ちょっと離れたところにポニーの親子がいました。
e0282161_22305935.jpg

今年生まれたばかりのこの仔はとっても可愛かった!!(*^_^*)
お父さんは、あの人なつこい、どさんこのお馬さんだったようで、まだ数カ月なのにもうお母さんのポニーと大きさが変わらなくなってきていました。

e0282161_2234422.jpg


ここにはもう一匹、大事な仕事をしている子がいました。
e0282161_22373489.jpg


猫ちゃんです。お馬さんたちの餌を食べてしまうネズミを退治しているそうです。
この子は保健所から救ってきたそうですが、とても愛想がよく、ちゃんと挨拶にきてくれました。
e0282161_22394567.jpg


私がスポンサーになった子についてはまた次回に。

e0282161_22442052.jpg

↑この子じゃないですw
by blue_avenue55 | 2013-08-20 22:45

昨年の札幌記念を思い出し

今週の日曜日は、函館競馬場で行われる札幌記念ですね。

毎年、札幌記念はなかなかの豪華メンバーがそろいます。
今年は、あの皐月賞馬 ロゴタイプ、2連勝中の武豊ジョッキー騎乗のトウケイヘイロー、目黒記念2着のルルーシュ、お久しぶりのトーセンジョーダンなど。
牝馬もアイムユアーズ、ホエールキャプチャ、マルセリーナ、レインボーダリアなど今年は多いような気がしますし、また牝馬が活躍するレースでもありますしね。

そう、歴代勝ち馬では私が好きだったファインモーション、次の年はヘヴンリーロマンス。


そして昨年は、フミノイマージン。。。

ヴィクトリアマイルで残念なことになってしまったけど、昨年の札幌記念での写真で今日は強かった彼女を思い出すことにします。

e0282161_21154743.jpg


e0282161_21174855.jpg


e0282161_21235551.jpg

前2走が太宰ジョッキーではなく、この札幌記念でまた太宰ジョッキーに戻っての勝利だったので、余程嬉しかったのかゴール前からガッツポーズが見られます。

e0282161_2134334.jpg

4番人気からの1着。 単勝1240円
e0282161_21384728.jpg

なんとなく記念として単勝馬券を買っていました。


もう一頭、この馬も天国に行ってしまいました。
昨年、このレースで引退をして、その後札幌競馬場に残り誘導馬になるはずだったアクシオン。
2年前の札幌記念では2着でした。
e0282161_21463745.jpg


2頭とも、どうか安らかに。






それから......今年で現役引退と発表された彼は今どうしているのでしょうか。
e0282161_21523130.jpg

<2年ぶりにファンの前に姿を見せてくれたロジユニヴァース>




ちょうど1年前の今日は早朝、初めての公開調教(札幌記念)に行った日でもあります。
公開調教では、他の馬の調教も見られてとてもワクワク、夜まで楽しい忘れがたい一日でありました。
by blue_avenue55 | 2013-08-15 22:00

先週の結果報告「関屋記念」

月曜の朝から雨が降っています。
何となくテンション上がりません。
しかも先週末の競馬成績もよろしくないので尚更なのでしょう。

ふと、こんな私の養分報告みたいのって面白いだろうか……
と思い最近は書いたり書かなかったりしていました。
(たんに面倒というのもありましたがw)
で最初の頃のを自分で読み返したら、結構忘れてるんですね。
こんな事があったのかーみたいな。
で、自分が忘れていたものを読むのはちょっと面白かった。
そんなんで、未来の自分の楽しみのために残しておいても良いんじゃないかと思ったのです。

←と、ここまでは昨日書いたもの。

続きを。。

先週の土曜日は10R ぐらいから参戦。いつものように?ちっとも当たらない。そしてメイン終了後にはいつものセリフ。
「さあ、コレからが本番の最終レース!」

しかし、函館、小倉と外し、いよいよ本当の最終レース!!


それが、なんと馬単、三連単が当たってしまったのです。(^^)v
その日の負け分を充分補い明日の資金も僅かながら出来たのでした。

そして日曜日、最初にやったレースでワイドが当たり昨日に引き続いて好調の波が来てるのかな、と思った途端全く当たりが無くなってしまいました。(・・;)

気持ちは焦っての新潟メイン、関屋記念。珍しくその日の早いうちに予想を済ませていました。
その時点の私の予想では

◎ジャスタウェイ 相手は、レッドスパーダ、レオアクティブ、フラガラッハ、ドナウブルー、ミッキードリームの5頭。

その通りに、いつもの3連複を買っていれば当たっているじゃありませんか?!(>_<)

ところが馬券が当たらなくなってくると自信を失ってふらふらしてしまうものなんですよね。

レースの時間が近付き師匠の予想を聞きました。師匠の本命はドナウブルー。
やっぱりドナウブルーだって3着はあるよなーと思い、ジャスタウェイとドナウブルーの2頭軸にしてしまったのです。そして人気の無いのが突っ込んできて美味しい配当になるはずw ウヒヒ…と勝手に妄想したんですね。



妄想が現実になることは、ありませんでした。(-_-)

「まっ、3連複 2,620円だから別にいいや、よし、やっぱり最終レースで勝負なんだよ」と独り言。

そしてこの日も見事に新潟最終を当てたのですが安すぎて結局負け分を取り戻すことはできませんでした。

来週こそ!!


e0282161_21411944.jpg

〈私が初めて鉛筆で描いたお馬さんの絵。難しいですね。写真を見ながら描いたのですが、誰か判りますか?
ヒント、芦毛です 〉

by blue_avenue55 | 2013-08-13 21:45

風立ちぬ

一昨日、ジブリの映画『風立ちぬ』を観ました。
ジブリ映画はとても人気がありますが、実は私はその、ほとんどを観ていません。
ナウシカ、ついこの前「バルス!」でTL が賑わったラピュタなど観たことが無いのです。
これはもう、ある意味自慢しちゃってます。

そんな私が珍しくジブリ最新作『風立ちぬ』を観ました。
正直、時間の合うのが数本しかなく、その中でも、この映画は観た人の感想が賛否分かれていました。
こういうのって自分の目で確かめたくなるんですよね。

e0282161_21472398.jpg




〈 ネタバレ注意 〉
あらすじを簡単に言うと、小さい頃から飛行機への夢を持つ主人公が大人になり、自分を犠牲にしながらも夢を叶える。ただその成功と共に重い現実も受け入れなければならない。
戦時中という時代背景もあるのですが。

最後は、胸が熱くなり泣けてしまいました。



終わった後も映画の余韻に浸りながら、これってどんな世界でも置き換えられることなのでは、と思ったのです。


たとえば競馬の世界。

騎手になりたくて、、馬に携わる仕事がしたくて、、それぞれ自分の夢を持ち、それに向かって切磋琢磨する。
その間には家族を持ったり身の回りも変化しつつも自分の夢は、はっきりとある。
それを叶えるためには多少の犠牲もいとわない。

そして夢が叶う日が来る。それは皆で愛情込め作り上げた馬がレースで一番にゴールすること。達成感。

でも、その馬が故障したりして現役引退を余儀無くされたり、そのまま帰らない、、そんな悲しいこともあるわけで。


それでも人は夢を追い続ける。
追い続けなければいけないんじゃないかと私は思う。
追い続けてほしいと思うのです。
そして私も追い続けたい。(それ以前に私の夢って何だったっけ?夢探しから始めよう。)


映画では、戦時中であったため夢の飛行機は 祖国に帰ることのない兵器となってしまった。
馬も戦で使われていた時代もあったけど、今は少なくともそうではありません。




あと数日後に来る終戦記念日。
映画を観たこともあって改めて思うのです。

私の好きな競馬や乗馬が出来る戦争のない平和な世界が この先も続きますように。

e0282161_12563746.jpg

by blue_avenue55 | 2013-08-07 11:30


メモ帳
最新のトラックバック
検索
タグ
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧