さよなら養分姐さん


馬大好きの馬写真と競馬日記
by ジュリー
カテゴリ
最新の記事
Epicharis 北海道2..
at 2016-11-05 22:00
ふれあい動物園
at 2016-07-06 22:45
ぴよちゃんとヤマちゃんとサミ..
at 2016-06-22 23:15
木曽馬のジェットじいちゃん
at 2016-06-15 23:15
お疲れさまでした
at 2016-06-08 21:45
以前の記事
記事ランキング

<   2012年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

Round World

e0282161_0101147.jpg


私の競馬意外の趣味の一つに写真を撮る事と、その撮った画像を加工するというのがある。
おそらく上手い写真を撮る人だとそんな加工なんてしなくてもいいんだと思う。
でも私の場合、撮影は今イチなのでどうしても何かしらをほどこさないといけない。

ただ、この作業が私はとても好きなのだ。
これをやっていると時間を忘れる。

最後に形として出すのは1つだから見た人には判らないかもしれないが、そこにたどり着くまでに文字の色、大きさ、形を変えたりして何枚もプリントを繰り返している。写真自体の色合いも変えたりしている。
そして自分が納得いくものが出来るまで何度でもやり直す。
妥協せずに、やればやるほど、良いものが出来てくる。これは判りやすいし、やる価値がある。

今までは自分の飼っているワンコの写真ばかりを加工してきたが、今回初めて馬の写真を加工した。
それが、ラウンドワールド。
とても楽しいひとときだった。
とりあえず3カット分。あと2カット写真を選んでいるので、それも加工プリントする予定だ。

トリミングや加工次第で自由自在に撮った写真が変化するのが楽しくて。

e0282161_0154633.jpg

↑ わざと彩度を落としてます。

e0282161_0174163.jpg
e0282161_0202220.jpg

e0282161_02526.jpg

by blue_avenue55 | 2012-09-25 00:27

今さら投票成績照会

今週もやられました。(T-T)

いつまで、この枕詞になりつつある一文を書き続けなければいけないのか。養分姐さんだからって、ホント、ネタじゃないんですからww

負け続けているのは本人が一番自覚しています。だから投票成績なんて見たくもない訳で。
しかーし、現状を打破するには自分のウイークポイントを知るのも必要なのでは…と今回勇気を持ってパソコンに向かいました。

まず、競馬場別成績。
うわーー酷い!
回収率が唯一100%を越えているのが函館開催。もう、来年の夏までありません!
一番酷いのが小倉。回収率が3%?!

苦手意識があるところは、やっぱりダメなようで、東京の24%というのも寂しい限り。
まあまぁなのが京都。と言っても とにかく100%以下なのです。

では、次に騎手別成績を見てみましょう。
e0282161_2324165.jpg

こちらは意外に、あまり好みではない騎手の方が約1名、回収率100%越えだったのには驚きました。

ざっと見て、リーディング上位の騎手の方の回収率が悪いのは何故?
あえて勝たない時に私が馬券を買っているのか。
言いたくないけど、私が買った事によって負けてしまったとか?
(それって師匠が私に言う『デビル』じゃないですか!(>_<))

中でも酷いのが東の田辺裕信騎手(5%)
西の浜中俊騎手(10%) って??今、リーディング1位の騎手とこんなに相性が悪いのは問題ですね。
次回からは気を付けてみたいと思います。(何を気を付けるのか )

来週からは、年末へ向かって怒濤のG1 が続きます。
少しでも今年の回収率を上げるよう残り約3ヶ月頑張りたいと思います!

e0282161_23502872.jpg

〈 私の応援馬。まずは1勝!〉
by blue_avenue55 | 2012-09-23 23:50

ルーベンスメモリー

つい先日、Twitter のTL を眺めていたら私がフォローしているお二人の会話が見えてきた。
片目の馬の話をしていた。一人は海外で馬関係の仕事をされていて、片目の馬がデビューすると言っていた。日本ではデビューはできないけれど、と。
それを見て、あれっ?でも片目の馬、走っていた記憶がある…とすぐには出てこなくなってしまった記憶をなんとか呼び起こし、その馬はルーベンスメモリー(40戦6勝[6-11-3-20])だったと判った。
日本では片目ではデビューは出来ないが、登録後に片目となった場合は平地のみ出走が可能らしい。

私がこの馬を知ったときはすでに片目になってしまっていて無くした右目が網の目になった黒いメンコを着けていた。
e0282161_2350723.jpg

他の馬達に比べたら大きなハンデ。

彼は500万条件の時に右目を失ったにも関わらず、その後片目でオープンまで上り詰めた。凄いと思った。

応援せずにはいられなかった。

彼を実際に見た記憶があったので調べたら、たった1度だけ札幌競馬場で走っていた。
おそらく、この時に会ったのだろう。

今回ブログに書こうと調べていたら、ルーベンスメモリーの同期にも同じく片目になって走っていた馬がいた。ウインジェネラーレ(20戦5勝[5-2-1-12])。
他にももっといるのかもしれない。

e0282161_0153929.jpg

<右目を失う前のルーベンスメモリー>

とにかく彼らと比べたら、私は大きなハンデも無いのに負け続けている。
もう少し頑張らなければいけないな、と改めて思うのだった。
by blue_avenue55 | 2012-09-22 00:25

フロンテア乗馬クラブに行ってみた

札幌のお隣、石狩市にフロンテア乗馬クラブがある。
私の家からは車で40分位だろうか・・・
札幌市民がよく利用する海水浴場の近くにそれはある

e0282161_21253732.jpg
<写真はネットより転載>



以前から、海辺を馬でトレッキングできるというのは知っていたので1度は行ってみたいとずっと思っていた。
今回3連休があり、どこも行く予定がなかった私は、最近蕁麻疹に侵されている体を馬に癒してもらうべく、そのクラブに行ってみる事にした。
三連休は最初の天気予報では、雨予報だった。
しかし実際に三連休の初日の朝、太陽が顔を出し晴天!
「今日だ!今日行くしかない、やっぱり私は晴れ女だ!」とさっそく電話をし午後に予約をいれた。

家から車を走らせていると雲行きがかなり怪しくなってきた。
そしてクラブに着いたときには雨が降り出していた。「今年は自分の乗馬レッスンの時に一度も降られたことがないのに、なんで~?」と心でぶつぶつ言っていた。

ところが、実際に馬に乗る時間がくるとまた太陽が顔を出し雨があがった。「ほら、やっぱり私は晴れ女なんだ。」
ホーストレッキングは色々なコースがあって、私は海岸コース80分というのにした。
(全くの初心者用に20分のレッスン付きというのもある。)
私の他に若い夫婦とインストラクターのお姉さんがついて4頭でトレッキング。
e0282161_2210125.jpg
<写真はネットより転載>



海岸に出るまでには笹やぶみたいなところを通り、田んぼには稲が頭を垂れているのを眺めながら進んでいく。今までは馬場でしか乗った事がないので、そんな所を馬に乗って行くのは実に新鮮だ!
そしていよいよ海辺に出る。

おおおお~綺麗な青空、とはいかず雨雲に覆われたグレーの空とグレーの海が一体となっていた。
波打ち際を馬が縦列して走る、と言いたいが私は駈歩が出来ないので速歩で。
他の1名も初めて乗るという方だったのでそれでOK。
海辺から帰る途中で雨がぽつぽつ降ってきた。
雨は次第に大粒になり結局土砂降りの中、馬に乗ってクラブまで帰ることになった。
実に貴重な体験である。

e0282161_22275813.jpg

80分間はあっという間だった。
とても楽しい時を過ごす事ができた。
今度は是非晴れている日に行ってみたいと思う。

余談ですが、結局三連休中に雨が降ったのは、この日、この時だけだった。(T_T)
by blue_avenue55 | 2012-09-18 22:35

投票カード

まだ、書かないよ「バイバイ札幌競馬場」

私は前にも書いたが、かなりのおっちょこちょい星人だ。
落ち着きが足りないのか、シャドーロールでも試してみたいところ。

そんな私が投票カードにマークして馬券を購入するのはかなり難しい。
何で?って皆さん思うと思う。
e0282161_12272571.jpg

〈換金しない記念馬券〉


見直したつもりでも必ずといっていいほど、何かしらのマークが抜けている。
そんなんで、自動発売機で買おうものなら、画面が色んな事を言ってきて、モタモタ...
後ろの人はイライラ....充分、背中で感じてます。
そしてついには発売機の隣の窓みたいのが開いて「どうか、されましたか~」となるのだ。

だから競馬場にいようと通常はPATで購入。
誰にも迷惑はかからない。あったとしても自分が「幻の万馬券」で泣く事があるだけだ。

どうしても記念馬券が欲しい時だけは投票カードを使って買うのだが、お姉さんがいる窓口で買うことにしている。

しかし、先日何を思ったのか、自動発売機で買おうと思ってしまった。
出来る気がしたのだ。
しかし使い慣れないので、その発売機の前に立っただけで舞い上がる。
まず、お金を入れるというのは知っている。

千円札を数枚、入れようとするも入らない。
しわなんてないし、ひっくり返しても入らない。
しばらく格闘してようやく、そこが投票カードを入れる場所だったことに気が付いたのだ。

e0282161_12311883.jpg

人が少なかったので、誰にも見られていないようだったが、やっぱり私には向いていないと思った。
あれから自動発売機は使っていない。
by Blue_avenue55 | 2012-09-10 12:30

師匠の言葉

先週の今日はワクワクしながら、札幌競馬場にいたなぁ。(遠い目)

今日は競馬はしません。負けたくないから。
ではなくて、ヤボ用でお出掛けするからです。

そして、こんなブログでも見て下さる貴重な方がいらっしゃるので、私も用事があっても楽しく更新したくなっちゃう訳です。

札幌開催の私の成績はそりゃ酷いもんでした。(>_<)
あの競馬の師匠も、私にどんどん突っ込みます。
(゜o゜)\(-_-)何シテンネン!!

そしてついに
『競馬の必勝法は競馬をしない事しかないのよ。』という、私には実に的を得たありがた~いお言葉を頂きました。
はい、自分でも分かっております。

明日のセントウルS、京成杯オータムHについては、師匠は私にこう言いました。
「デビル目、教えといてね~。外して買うから ( ̄▽ ̄)www 」
私はいつから競馬エイトのヒロシになっちゃったのでしょう…

それから穴党の師匠には、こんなお願いもされました。
「本命買って、メガデビルの威力で馬群に沈めて欲しいわ~(笑)」

そんな優しい師匠には悪いが、明日こそは、当てまくってやるぜ♪


では、これから行ってきま~す!
ヽ(´ω`*)ノシ=3=3

e0282161_1332214.jpg

by blue_avenue55 | 2012-09-08 13:09

サンキンバスター

実は、このタイトルではない内容の物を書くつもりでずっと考えていた。
そう、そのタイトルは「バイバイ札幌競馬場」

最終日、そのブログ用に写真も撮った。
でも、ここに来てそれを書いてしまうと、自分の中で本当に札幌競馬が再来年まで無いのだぞ、というのを認める事になってしまう。
まだ、現実を受け止める心の準備が整っていない。
というわけで、それはそのうち。

e0282161_1162897.jpg

この写真は札幌2歳ステークスでの誘導馬。
残念ながら、お尻だけだが中央にいる鹿毛の馬。
ゼッケンに少しだけ見えると思うが、この馬がサンキンバスター。
現役では、最後、準オープンで走っていた。

何故この馬をとりあげるのか、不思議だと思う。
でも、人それぞれ思い出の馬というのはG1馬だけじゃないはず。
そう、私にとって、このサンキンバスターは競馬を始めて、初めて万馬券をプレゼントしてくれた馬なのだ!

なのに今となってはどのレースだったのかはっきりしない。
今回これを書くのに見返してみたが、おそらくこれだろうというのが、2003年のれんげ賞。
11番人気で1着に来たのが、サンキンバスター。2着がスリーロケット。
この2頭を覚えているので間違いないだろう。
で、また曖昧な記憶では、三連複を当てたつもりだったが、配当を見ると34,340円。
そんな高額ではなかった。とすると馬連の18,550円じゃなかったかと思う。

嬉しくて、しばらくその競馬新聞は記念に取っていた。今は無いけど。


で、その後はそれほどサンキンバスターを追いかけるでもなく、だから引退したのも知らなかった。
ところが、今年札幌競馬場で再会したのだ。
彼は誘導馬になっていた。
驚いた!あの私に初めての万馬券をくれた馬が札幌にいて、そして初めてのご対面。
ちょっと嬉しくなったのだ。

きっと誰でも初の万馬券をくれた想い出の馬っていますよね?


サンキンバスター  2000年4月11日生 牡 
             41戦5勝[5-6-5-25]
             父ハウスバスター 母クリプティック
by blue_avenue55 | 2012-09-07 11:45

ゴーゴージュリー号

札幌開催が終わり、すっかり気が抜けてしまった。
e0282161_634213.jpg


あんなに暑かった札幌…急に秋風が吹き始めた昨夜、嬉しい事があり来年への楽しみが!
沈んでいた心は一気に上昇、全く単純な私ww
今朝も何故か1時間以上も早く目が覚めた訳で。

時間があったので以前書いた、『ホッコータルマエ』を読み返していた。
自分の事を未勝利をようやく脱出した500万条件の馬と例えていた。
では、その後ゴーゴージュリー号はどうなったのか…

展開がハマったのか、相手が弱すぎたのか、そんな感じで勝ち上がったとしか思えないジュリー号。
その後は毎回、2ケタ着順でゴール。
札幌開催最終日は一人置かれてゴールした感じ。
このままでは"養分姐さん"が "大養分姐さん"に進化 (劣化?)してしまう。

e0282161_6525586.jpg

↑ゴーゴージュリー号ではありません。

秋になれば風向きも変わるはず。
きっと夏が苦手だっただけに違いない。
by blue_avenue55 | 2012-09-05 06:55

ラウンドワールド @札幌2歳S

今回は、特に書くことはありません。
ただ私の応援馬ラウンドワールドの写真だけです。
e0282161_2192769.jpg

e0282161_21102541.jpg

〈返し馬〉


e0282161_21133650.jpg

e0282161_21152722.jpg

e0282161_21163628.jpg

e0282161_21185286.jpg

e0282161_21315543.jpg

ラウンドワールド / 2010年5月7日生まれ
          松田博厩舎
          4戦2勝[2-1-1-0]
          父ディープインパクト
母グレースランド
          兄ドリームパスポート
by blue_avenue55 | 2012-09-04 21:46

札幌2歳ステークス

e0282161_17461543.jpg


〈マイネルレーニア、スケルツィ、誘導馬として頑張ってます。〉

例年だと札幌2歳S は秋風が吹き涼しいを通り越して、寒いという季節に行われていた。
私の思い出としては、メインレース位になると、寒くて上着を着てそれでも風が吹くと寒くてしようがない、というものだ。しかも中央開催が始まり、札幌だけが忘れ去られた地方競馬のような雰囲気となっていた。

今年は、変則的に9月の1週目。そして北海道には珍しい残暑のなか、行われる事になり雰囲気も今までとはかなり違う印象だった。

そして、勝ったのは、新馬戦勝ちから2戦目のコディーノ。
e0282161_1751734.jpg

e0282161_1758119.jpg
藤沢厩舎、久々のクラシック期待馬の登場!

















一番人気に押されたものの残念ながらの2着だった、ラウンドワールド。
e0282161_1823562.jpg


3着のエデンロック。
e0282161_185255.jpg


e0282161_1892736.jpg

二番人気だったのに、久々がこたえた?7着となったトーセンパワフル。




確かにパドックでは、あまりやる気がなさそうに私には見えた。







さて、今回のおまけの写真はゴール前のものです。
前回のブログでも書きましたが、私はラウンドワールドを応援していました。そしてその情熱がこの写真となってしまったのです。
e0282161_18141965.jpg

馬の足音と歓声が聞こえてきた時、いてもたってもいられず、カメラから目を離し馬を見てしまったのです。

そのわりには、今回ラウンドワールドの写真が少ないと思うかもしれませんが、はい、別枠で次回ブログで公開したいと思います。
まぁ、ファンとはそんなもんです。すいません。
by blue_avenue55 | 2012-09-03 18:00


メモ帳
最新のトラックバック
検索
タグ
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧