さよなら養分姐さん


馬大好きの馬写真と競馬日記
by ジュリー
カテゴリ
最新の記事
Epicharis 北海道2..
at 2016-11-05 22:00
ふれあい動物園
at 2016-07-06 22:45
ぴよちゃんとヤマちゃんとサミ..
at 2016-06-22 23:15
木曽馬のジェットじいちゃん
at 2016-06-15 23:15
お疲れさまでした
at 2016-06-08 21:45
以前の記事
記事ランキング

カテゴリ:馬写真( 16 )

ふれあい動物園

6月末、私は友人と帯広へ馬旅に行ってきました。
主の目的は帯広競馬場で行われている、ばんえい競馬。
私は今までに2度ほど見たことがありますが、ナイターは今回初めてになります。
そして今回ブログにまずあげるのはそのばんえい競馬ではなく、帯広競馬場に併設しているふれあい動物園のことです。
( ばんえい競馬の様子も次回くらいに書きたいところですが、どうなることやら。次から次へとここに書きたいことが更新されるので・・・)

行った当日はあいにくの雨。
ばんえい競馬のナイターの頃にはなんとか止んでくれましたが昼間はザーザー降り。
ふれあい動物園に最近生まれたというポニーがいるのを知っていたので速攻見たかったのですが酷い雨で断念。
その間、宝塚記念が行われていたのでその馬券を買いレースを見ていたりしました。
(帯広競馬場でもJRAや他の地方競馬場の馬券が購入できるのです!)

結局この日はふれあい動物園は見ることができず翌日の朝に行きました。
(ばんえい競馬は午後からでしたが、ふれあい動物園やとかち村は朝10時から営業)

e0282161_21523386.jpg


こんなに早くからミルキーさんが馬車の準備をしていてあれ?と思っていたら・・・

この日は幼稚園の子たちが来て、ふれあい動物園のお馬さんたちとまさに、ふれあっていたのです。

最初、園児たちは分かれてこの馬車に乗って楽しそうにしていました。



e0282161_21573976.jpg
馬車を降りると二人づつぐらいでミルキーさんの背中に乗って記念撮影です。
この光景を見て私はハッキリ言って驚きました。
園児たちですからおとなしくしている訳はありません。
ワイワイ、キャッキャしているのです。でもミルキーさんは全く動じることなく黙って子どもたちを背中に乗せているのです。
この写真を見てもわかるとおりすぐ脚元に子どもたちが無防備にいるのです。
これは馬を少しでも知っている人は驚くと思いました。
ミルキーさんは全国各地にも出張したりしているようですし、本当に凄いばん馬さんだと思います。

e0282161_22044731.jpg




このふれあい動物園にはミルキーの他にリッキー、キングというばん馬もいます。
皆、本当におとなしいんですよね。

でも大きいのでそれに圧倒はされてしまいます。

この写真の一番手前に写っているのがキング。目がとーっても可愛かったです。

この3頭には 帯広市特別住民票があるようで、それぞれ馬房のところに貼ってありました。


e0282161_22082539.jpg
↑こちらはキングくんの。映画「銀の匙」に出演していたのですね。今度DVDをレンタルして見てみようかな。



e0282161_22144657.jpg
お口を大きく開けてニンジンをおねだりするリッキー。
e0282161_22180449.jpg
ここ、ふれあい動物園のにんじん1パックが結構な大きさで私はまたまた驚き!
これならばん馬さんも喜びますね。
e0282161_22213029.jpg
園児たちは他のポニーにニンジンをあげたり。(ちゃんと先生が付いていたので安心してください)
e0282161_22230426.jpg
(↑私もニンジン欲しいよ~)

e0282161_22244730.jpg
↑こちらは、ばんえい競馬で誘導馬も務めるプリンスくん。

e0282161_22255397.jpg


今回、ふれあい動物園にいる全てのお馬さんを紹介できず残念ですが、とにかくふれあい動物園の名にふさわしく、楽しく触れ合うことができました。
こういう所って中々ないですよね。

そうそう実はお馬さんだけじゃなく、うさぎやヤギなんかもいました。
他にもいたかもですが、何せ時間が限られていたので、馬ばかり見てしまいました。


最後に、私がここで一番会いたかったポニーの子どもを。



e0282161_22320573.jpg
どうですか?この天使のようなポニーのお子ちゃま。↑
 とーっても人懐っこくてそばに来てくれるんですよ。連れて帰りたくなりました。
e0282161_22362326.jpg

ポニーの仔はこの子だけかと思っていたら、なんと、もう一頭いたのです!
e0282161_22384389.jpg

普通にしていても天使なのに、この寝顔!!たまりません。

e0282161_22400880.jpg
むくり。 無口が窮屈そうですが・・・(^^;

このあと、名物豚丼を食べ、またまたポニーのいるムーミン牧場という所に行きました。
そのこともいつかここに。





by blue_avenue55 | 2016-07-06 22:45 | 馬写真

ぴよちゃんとヤマちゃんとサミーくん

6月18日土曜日、ノーザンホースパークで春季馬術大会が行われていたので行ってきました。
実は5月に行われた新緑馬術大会も行っていて、その時に撮った写真をここにUPしたいと思いつつ今日に至っています。
(デルタブルース、フォゲッタブル、インティライミの雄姿をぜひ・・・)

ここ最近、私が気になっていたのはヤマちゃん、サミーくんのポニーショーがしばらく無かったこと。
サミーくんの体調不安説もあったようですが、放牧場には他のポニーたちと一緒に出ていたのを見ていたので、また二人のショーが見たいなぁと思っていました。
この日のポニーショーは誰かなと見てみると、11時からは、すーちゃん。
13時からは、なんとヤマちゃんとサミーくんとなっているではありませんか!!

馬術大会の合間にまずは、すーちゃんのショーを見に行って驚き。
どこかで見たことのある方が会場の正面に座られています。

グリーンチャンネルでも番組を持たれている草野仁さんでした。
どうやら、この様子は番組で使われるのか収録しているようでした。

e0282161_22454304.jpg


 すーちゃんからのKISSを受ける草野さん。




 こんな所で草野さんに会えるとは思ってもみませんでした。

 そして13時の回の再びポニーショーへ。



e0282161_22491088.jpg

ポニーショーでは久しぶりに見るヤマちゃんとサミーくんです。
e0282161_22530356.jpg
まずは、前脚フリフリの最初のご挨拶。

e0282161_22552904.jpg
短い脚ですがサミーくんもちゃんとご挨拶。

e0282161_22570164.jpg


 ヤマちゃんの立ち上がる姿、カッコいい!!

 
後ろで見ていたサミーくんもきっとそんな風に思って見ていたはず。




e0282161_22593834.jpg
e0282161_23015308.jpg

 おっと、サミーくんも出来るじゃないですか!!


私はサミーくんのこの姿を初めて見たので感動してしまいました。

そういえば最後にサミーくんのショーを見たのはもう昨年のことだったかも・・・

ちゃんと成長しているんですね。






このあと、ジャンプも披露してくれたヤマちゃんとサミーくん。

サミーくんのあれはジャンプ?
ここでは写真を載せませんので是非見たい方はノーザンホースパークへ!




そしていよいよ、ぴよちゃん登場!!
噂には聞いていましたがどんなショーなのか楽しみにしていました。

[ 注 意 ] ここからはネタバレになります。

e0282161_23124654.jpg
サミーくんが上手に口を使って箱を開けます。
その中から出てきたのは、なんとぴよちゃん。
e0282161_23141771.jpg
よちよち歩きながら ヤマちゃんのいる方へ向かいます。

e0282161_23151867.jpg


お姉さんの羽ばたくポーズ。

さてぴよちゃんはどうするのか?


e0282161_23163997.jpg
飛んだーーー、そしてヤマちゃんが付けている背中のカゴに。
素晴らしい~!
ブラボー!!
ワンダホー!!
e0282161_23193481.jpg
すっかり ぴよちゃんもヤマちゃん、サミーくんの仲間といった感じでした。

これからもポニーショーの進化に目が離せません。




by blue_avenue55 | 2016-06-22 23:15 | 馬写真

木曽馬のジェットじいちゃん

数日前、東北地方でも梅雨入りしたようで。
北海道には梅雨がないと言われていますが、近年、地球温暖化現象のためか以前より全く梅雨とは無関係というようなお天気ではない気がします。
実際に蝦夷梅雨という言葉もあります。

ここ数日強風の上に雨が降る日が続いたのですが、今朝は久しぶりの青空。
風が強いのは変わりませんが久々の太陽を浴びたくなり近くの馬のいる場所へカメラを持って出かけました。

以前ここでも書いたことのあるサッポロさとらんどという所。
物凄く広い敷地ですが、馬は園内馬車を引く重種馬2頭と引馬をしている3頭しかいません。
(昨年はポニーも数頭いたのですが、今年はいないようで馬好きとしては寂しいかぎり。)

e0282161_22421970.jpg
↑ 普段、引馬のお仕事をしているドサンコのちはるちゃん。
昨年ももちろん写真撮ったりしているので知っていたのですが、なんと女の子だったと今日知りました。
e0282161_22350604.jpg
毛色は粕毛(かすげ)というちょっと変わった毛色。
やんちゃで一緒に放牧されていた3頭で一番偉そうにしていました。

ちはるちゃんの後ろに薄いブルーの花が写っているのですが、これは今の季節に咲く亜麻の花。
e0282161_22455335.jpg


さとらんどには花も結構植えられているので季節ごとの花も楽しめます。

この亜麻の花は、朝早くに咲いて午後にはしぼんでしまうそうなのです。
私が行ったのはちょうどお昼前だったので、ギリギリ咲いているのに間に合ったのでしょうか。





e0282161_22475545.jpgこの亜麻の花の種から最近体に良いと話題の亜麻仁油が作られるそうです。知らなかった~。


e0282161_22542503.jpg
↑ こちらは引馬のもう一頭、ドサンコのさくらちゃん。
本当はちはるちゃんよりずいぶんお姉さんなのに、さくらちゃんに気を使いながらひっそりといました。
時々ちはるちゃんが追いやったりするので見ているととても可哀想になってしまいます。

e0282161_22573133.jpg
毛色は月毛という綺麗な色です。

そして引馬3頭目の・・・

e0282161_22590510.jpg
↑ こちらがジェットじいちゃん。
もちろん昨年も会っているのですが、私は勝手に他の2頭と同じドサンコだと思っていました。
ところが今日、名前とプロフィールを見てびっくり!!
木曽馬だったのです。
木曽馬なんて身近ではそうそう見られません。
SNSで京都競馬場にいるタケトミ君を知っているくらいです。
まさかこんな近くに木曽馬がいたとは!

e0282161_23103089.jpg

木曽馬とは、ドサンコと同じように日本在来種。
本州での在来種はこの木曽馬だけだそうです。
(ちなみに日本在来種は全部で8種。気になる方は Wiki ってください。笑)

e0282161_23110886.jpg
このジェットというハイカラな名前が付いている木曽馬ですが、御年24歳のおじいちゃん。
年を知ってから急におじいちゃんに見えてくるのですから不思議です。

e0282161_23131888.jpg

私がいる間、小さな子どもを二人と男性を二人、背に乗せ お仕事をこなしていました。
木曽馬自体とてもおとなしい性格のようですが、本当に見ていてもドサンコよりはるかにおとなしそうでした。

e0282161_23170396.jpg
木曽馬だと分かってから見ると確かに体形とかドサンコとは違うんですよね。

これからも、まだまだ元気に引馬のお仕事をしてほしいです。
長生きしてね、ジェットじいちゃん。

e0282161_23202256.jpg





by blue_avenue55 | 2016-06-15 23:15 | 馬写真

芦毛ママと白毛ママ

前回のブログにも書きましたが5月6日に私はノーザンホースパークへ行きました。

その敷地内、馬見の丘のあたりから放牧地が見えるのですがこの日なんとレーヴディソールを発見。

e0282161_21375054.jpg
おおぉお、となり もしや お子ちゃまが一緒なのでは?と見ていると、
いました、いました!!
e0282161_21394636.jpg
そのお尻だけ見えているのは、、、
e0282161_21405920.jpg
Net などで見ても情報があまり無いのでよくわかりませんが、どうやらこの子のパパは、あの世界のぉロードカナロアァァ だとか。
ではここでパパを見ていただきましょう。↓

e0282161_21451047.jpg
e0282161_21454027.jpg
今はパパ似の仔に見えますが・・・
e0282161_21465591.jpg
前脚を一生懸命広げて草を食べる姿が可愛いですよね。
目のあたりがちょっとグレーっぽくて、もしかしたらママと同じ芦毛かもしれません。
レーヴママの初仔アラバスターもこのくらいの時はこんな感じでしたし。
それが、デビューの頃にはこんなになるのですから芦毛って不思議です。
e0282161_21503763.jpg
今回の仔は女の子とか。(違ったらすいません)
少しの時間見ていたのですが、アラバスターの時とは明らかに違う印象を受けました。

アラバスターは大胆に寝ていて、ママがどこにいてもお構いなしという感じ。
起きると今度はママにまとわりついたり。(私が見た時期はほぼ同じ。ただ生まれたのがいつか分からないので生まれてからどれくらい日数が経っているかで違うかもしれません) 若干ヤンチャな感じもしました。

でも今回見たカナロアパパの仔は賢そうな感じでママからはあまり離れず、ママに甘える風でもなくママと同じように草を食べているのです。
同じママの仔でも性別やパパが違っただけでも印象って違うんですね。
この仔も兄のアラバスター同様、元気に成長してデビューしてほしいと思います。


そして同じ放牧地に、ひと際白いお馬さんを発見!!
白いというより光っている感じがしました。
e0282161_22003885.jpg

実際の肉眼では米粒ほどの大きさにしか見えないのですが、でも輝いて見えますよね?
e0282161_22020092.jpg
どうですか?この親仔。ぴかぴかしていてまるでおとぎ話に出てくるような.....
はっきりとは分かりませんが、もしかしたらこのママはあのユキチャン???
ということはこの仔のお姉ちゃんはあのシロインジャー?!
まぁ私の想像ですから、違っていたらごめんなさい。🙇

e0282161_22073818.jpg
それにしても本当に白いわ~







by blue_avenue55 | 2016-05-18 22:00 | 馬写真

満開の桜

関西、関東などから遅れること一か月、桜前線がようやく津軽海峡を渡り北海道へ。
先週GW頃には近所の桜も満開になりました。
(これを書いている現在はすでに散ってしまいましたが)

ちょうどゴールデンウィークだったので写真を撮ろうと桜を求めて近くの公園へ行きました。
でも撮ろうと思っても桜だけだと意欲がわかないのです。
結局ほとんどシャッターを押すことなく家に帰ってきました。

ゴールデンウィーク明けの5月6日、札幌近郊でも桜で有名な戸田記念公園に一度も行ったことがないので行くつもりでいました。
でも自分は桜だけより動物と一緒の桜写真が撮りたいのだ、ということを確信。
行く先はノーザンホースパークに変えました。
昨年も桜が咲いている時に行ったのですが沢山桜の木があるイメージはありませんでした。
ところが今回は時期が良かったのか満開の桜が見事で、やっぱりここへ来て良かったーー!と予想以上に思わせてくれました。
e0282161_22081727.jpg
まさに私が撮りたかった桜とお馬さん。
たまたま着いた時に馬車が出発、ルートを把握していなかったので後をついて歩いていくとまぁ桜が美しい!
そしてベストポジションを探し馬車を待っていました。
すると来たのは私が大好きなジョージがひく馬車!
e0282161_22084843.jpg
この日はGW明けということもあってか、お客さまがとても少なかったようで。。。
私としてはラッキーなんですけどね。
e0282161_22093742.jpg
e0282161_22102782.jpg
↑ この場所が一番桜の木がたくさんあって綺麗でした。
お客さまが乗っていない馬車をひくジョージくん。


e0282161_22231329.jpg



 「ジョージです....
皆さまのお越しを心よりお待ちしています。
 ジョージです....







このあとポニーショーを見て(その時の様子はまたいつか・・・)馬見の丘の方へ。
放牧地にはたぶん今年生まれたお馬の親子がいるはず~とテクテクと。

e0282161_22100362.jpg
いたーーー!可愛い可愛い仔馬ちゃん。
今はこんなに小さいけど、再来年には競走馬としてデビューするんですからね。
e0282161_22124215.jpg
ママとこうして一緒にいられるのも数か月。うんと甘えるんだよ。

実はこの放牧地ではあのレーヴディソールとその仔(父ロードカナロア)にも会えました。
それからまばゆく光輝く白毛の親子も発見。
その写真は次回のお楽しみ・・・

思っていた以上に楽しめて念願の桜の写真も撮れたノーザンホースパークでした。
前日が私の誕生日だったので馬の神様がくれたプレゼントかなぁなんて思ったり。
とにかく素敵な一日でした。

by blue_avenue55 | 2016-05-11 22:30 | 馬写真

元気です!ヤマニンキングリー


先週3月24日に友人たちとホーストラスト北海道へ行ってきました。
目的は友人とも同じ一口スポンサーをしている引退馬アドマイヤチャンプに会うため。
チャンプと他の仲間たちの様子はまた次の機会に書こうと思っていますが、今回元気な彼に会えたので先にここに書くことにしました。

e0282161_21180248.jpg
そう、ヤマニンキングリーです。
e0282161_21192528.jpg
昨年11月にここホーストラストに来た時のとてもやせ細った姿の写真は衝撃でした。
今でも、「ヤマニンキングリー」とヤフー検索すると画像の一番最初にその痛々しい写真が出てきます。
ということは、それだけたくさんの人がその画像を見て衝撃を受けたのではないでしょうか。
4か月経った現在はもうあのような姿はなく、とても元気なキングリーでした。
e0282161_21172808.jpg
行ったこの日は雪が降ったり止んだり。この写真では大粒の雪が。
馬場の雪はほぼ溶けていましたが水たまりがあちこちに出来ているような状態。
e0282161_21181527.jpg
歩くと長靴がちょっと埋まるような泥んこ馬場。
でもキングリーはそんなのをもろともせず歩いたり、走ったり、、、
e0282161_21182685.jpg
こんな風にゴロンゴロンしてみたり。
すっかりこの場所に慣れたようです。
e0282161_21175268.jpg
この写真では体が戻っているのがよくわかりますよね。

ヤマニンキングリー、2009年の札幌記念、ブエナビスタを破り優勝したのがとても印象深くて。
7番人気でしたから、私も馬券外しましたしよく覚えています。
その後、ダート路線へ。とここまでは覚えているのですが、今回調べてみて現役最後の頃は南関へ転厩していたのを知りました。

e0282161_21184692.jpg
脚もすっかり良くなったのか、水しぶきを上げながら走り回っていました。
e0282161_21185989.jpg
転んだりしないのか見ている方がハラハラしてしまいます。
e0282161_21191358.jpg
走り回ったあとにこのドヤ顔。笑

e0282161_21183608.jpg
山はまだ雪で白いですがこれから北海道は春になり良い季節になっていきます。
キングリーもそろそろチャンプたちと一緒の放牧になるようです。
仲良くできるといいな.....

きっとできるでしょう。

by blue_avenue55 | 2016-03-30 22:45 | 馬写真

優しい目をしたゴールドシップ

もうかれこれ2週間も前(1月14日)になってしまいましたが、現役を引退し種牡馬としてビッグレッドファームで新たな馬生を歩むことになった白いアイツにご挨拶をしに行ってきました。

その日はとても好天に恵まれ、青い空に白いアイツがきっと映えるに違いないと楽しみにしていました。
私はビッグレッドファームに行くのはこの時が初めてです。
とても綺麗なところと聞いてはいたのですが、実際に行ってみて本当に外国のようだと思いました。
(たぶんヨーロッパのどこか)

e0282161_1629891.jpg
右の白い建物に事務所があります。今は事務所に記帳台があるようでそこに自分の名前を明記するようですね。あと見学の注意事項もあるようです。

さてこの事務所のある建物から放牧場までどのくらいあったでしょうか。
結構歩くんですね。
冬は寒いのでこのくらい歩いた方が体が温まり良いかもしれません。
そしてようやく、たどり着きました。
e0282161_16343213.jpg

ずいぶんと奥の方にいるじゃありませんか!

e0282161_16375610.jpg

お昼ご飯の最中だったようで。
私がゴールドシップに会うのは2014年札幌記念の時以来です。
おかえりなさい!
と心で呟き、しばらく見ていましたが彼はあまり活発に動きませんでした。
さすがに雪のある北海道の地は生まれた時以来でしょうから、雪道や寒さに慣れないのかもしれませんね。

e0282161_16434897.jpg
彼は、乾燥藁があるにもかかわらず、懸命に薄く積もった雪を掘って下にある氷温冷蔵された草を食べていました。
活発には動かないものの、ゆっくりと歩いてはあちこち移動するので塀のすぐそばまで来てくれたりすることもあります。

e0282161_16481715.jpg

それにしても、現役の頃に見ていたゴールドシップと何かが違う・・・
そう、こんな優しい目してたっけ?
きっと、毎日の調教もなく、ゆったりと流れる時間の中で変わっていったのでしょうね。
子ども時代はどんな馬だったのでしょうか?ちょっと聞いてみたいですね。

e0282161_16562189.jpg
しばらくすると、少し登坂になった出入り口の方へトボトボ歩いていきました。
e0282161_16581850.jpg

「誰か、いませんか~?ボクもうお家に帰りたいんですけど~」
e0282161_170062.jpg

「ねぇ、あなた写真撮ってないでスタッフさん呼んできてもらえない?」

なんて言っているようでした。
このあと諦めて傾斜になったところを注意をしながら降りていきました。

e0282161_1725029.jpg
ゴールドシップさん他、種牡馬さんたちのお家です。
e0282161_1733396.jpg

こちらはゴールドシップのお部屋。
以前パパのステイゴールドがここにいた時と同じお部屋のようでゴールドシップのプレートの下にはステイゴールドのプレートが。(暗くて見えてませんね)

e0282161_17112367.jpg

それにしても広い放牧場ですね~。
お隣の栗毛さんはアイルハヴアナザーさん。
最近白いヤツが来てから客が増えたなぁと思っているかもしれません。
e0282161_17152126.jpg

反対隣の青鹿毛さんはロージズインメイ。

すっかりゴールドシップに夢中になって私の好きだったアグネスデジタルに会うのを忘れてしまいました。今度行った時には必ず!
e0282161_17174579.jpg

また会う日まで元気でね。

今年は何頭くらい種付けするんでしょうね?
子どものデビューが今から楽しみですね♪

オマケの話・・・
この日、馬女3人で行ったのですが、ちょうどビッグレッドヘ向かう途中の車で携帯から、いきなり緊急地震速報の音!!何事?!と思っているとたまたま駐車していた車が左右にグラングラン揺れるではありませんか (震度5弱)
そしてその後 震源地を見ると、まさに自分たちがいた所でビックリ。(o_o)
なんだかとても忘れられない一日となりました。
by blue_avenue55 | 2016-01-28 17:00 | 馬写真

裸の偉大な種牡馬ディープインパクト

お天気の良かった12月17日、ノーザンホースパークへ行くことにした。
今年は初雪が早かったもののその後気温が上がり積もった雪は見事に消えた。
出かける前日にまた雪が降り私が住む札幌では雪が残っていたが、千歳あたりでは道路には全く雪が無かった。
いつもならポニーショーに間に合うように行くのだけど、この日はその前に社台SSに行こうと少し早めに。

社台SSはNHPから車で15分程度の距離だけど、やはり先にあるというのと種牡馬の皆さんは結構見学場所から遠くにばかりいるので中々ちゃんと見られない。
だから今まではあまり行くことが無く、NHP単独に行くことがほとんど。
この日はエピファネイアが見学できるようになって行ったことが無かったので是非一目会いたいと思い行くことにした。

以前行った時とずいぶんメンバーが変わっている。
e0282161_16052030.jpg
 
 エピファネイアがいた場所は以前はその父シンボリクリスエスだった。
キャプテントゥーレも移動しここにはもういない。
私としては、ここで初めてリアルインパクトとディープブリランテに会った。
どちらも父は同じ、ここにいるディープインパクトじゃないですか。

そうそうスピルバーグもお初!



お天気は良かったけど平日とあってお客さんは誰もいなかった。そしていつもいるはずの警備員さんも私が行ってすぐはいなかった。(お昼すぎにやってきた)
まずはスピルバーグの顔でも見ようかしらと歩いていくと放牧地の真ん中あたりにいて写真で撮るにはちょっと遠いかなという距離だった。
ただ、初なので記録に残しておこうとカメラを向けてシャッターを押していた。

するといつもはここで聞いたことのない馬の走る足音が聞こえてくるじゃありませんか。
え?!誰が走ってるの?とカメラから目を離し見ると、すぐそこになんとあの偉大なるディープインパクトの姿が!!

e0282161_16194372.jpg
新入りを撮って何で俺さまを撮らないんだ?と言いたげに見えた。
何度かここには来ているが、その俺さまはいつも遠くにいる。しかもさほど動かない。
だからこんなに近くで会えるなんて予想もしていなかった。

ドキドキしながら夢中でシャッターを押し続けた。

e0282161_16245764.jpg
現役時代も偉大だったけど種牡馬になってからも凄い活躍。
なんだか雰囲気があってやっぱりちょっと違う。
e0282161_16274310.jpg
しばらく彼を見ていると、いつもの定位置の出入り口付近へ行ってしまう。
そこで隣のエピファネイアを見たり
e0282161_16313334.jpg
また少しするといきなり駈けだす。


e0282161_16324416.jpg


 けっこうなスピードである。


e0282161_16344570.jpg

e0282161_16352030.jpg
ディープインパクトは種牡馬になってからも相変わらず飛んでいる。
e0282161_16371008.jpg

反対端にいるスピルバーグの所まで走っていっては「お前も一緒に走ろうよ!」と誘っているように見えた。
でも他の種牡馬さんたちは静かに少ない草を食べているだけ。
e0282161_16393372.jpg
←会いたかったエピファネイアは広い放牧地の
1/4ほどのスペースしか使っておらず、しかも見学場所から一番遠いところにいる。
 心で「こっち来いや~」念を送るも全く通じず。
肉眼では、いるなぁくらいしか見えない。


 ここでふと気が付いた。
あれ、みんな馬着を着ている。
そりゃ冬だし、寒いし、乗馬クラブの馬だってもう馬着着てるし。

でもあの偉大なディープインパクトは何も身に着けず寒空の中、裸のまま。

広い放牧地を軽やかに走り回り全く寒さなど感じさせない。

さすがディープインパクトや。
馬着を着ていない理由を考えてみた。
馬が馬着を着るのが嫌い、走るのに邪魔になるから、新陳代謝が良すぎて馬着要らず、、、
色々あるのでしょうが、とにかく元気なディープインパクト様。

この日、本当はポニーショーを見るつもりだったが、偉大なる種牡馬さまの走りに魅入られているうちに時間が過ぎてしまい間に合わず。
でもこの走りを私ひとりだけ見られたので凄い得した気分になった。

次はいつこの走りが見られるだろうか・・・

おまけ・・・

e0282161_17001862.jpg
 ディープブリランテだけは見学スペースのすぐそばにいてくれたので、写真が間近で撮れた。とてもおとなしく性格もよさそうに見えたけど実際はどうなのかな?

e0282161_17010455.jpg


by blue_avenue55 | 2015-12-24 17:00 | 馬写真

バスツアーでばんえい競馬②

前回はふれあい動物園までを紹介しました。

このバスツアー、バックヤードツアーも組み込まれていると喜んでいたのですが、どうやらバスツアー用の短縮バージョンだったようなのです。
家に帰ってきてから ばんえい十勝のHPを見てみると通常のバックヤードツアー(500円)は 今回行かなかった厩舎地区や実況ブースなども見られるようなのです。
これは次回、自分が行った時のお楽しみにとっておくことにします。
e0282161_21170124.jpg
↑ 競馬場に併設のこちらは調教をする所だそうで、たくさんの鉄そりが無造作に置いてありました。
写真ではその広さが伝えられていませんがかなり広大。

e0282161_21252552.jpg
↑ この写真は私の撮ったものではありませんのであしからず。帯広市のホームページでばんえい競馬を紹介しているところにフリー素材としてありました。
もっと他にも素敵な写真がありましたよ。

朝の調教風景。

e0282161_21303976.jpg
↑ こちらは装鞍所。写真では見にくいですが真ん中にはレースで使用する装具が。
片側は同じレースに出る馬たち。向かい側は次のレースに出る馬たちが使うそうです。
e0282161_21360022.jpg
e0282161_21363264.jpg 向かって右の馬たちがすぐのレースのために馬装していたのですが、向かいにはさらにその次のレースにでる馬が一頭だけ早くもここにいました。


e0282161_21422849.jpg
ざっと競馬場はこんな↑感じになっています。

e0282161_21452450.jpg こちらもばんえい競馬ではリッキーさんと同じく有名なミルキーさん。
ばんえい競馬の宣伝大使として本州の競馬場へ出張へ行ったりしていますよね。
普段はこちらでちゃんとお仕事をしているのですから本当に尊敬します。

 誘導のお仕事もするし、今回私が行ったときは馬車を引いてお客さまを楽しませていました。
そして驚いたのが、その馬車を引くスピード!!
札幌には街中を観光馬車が夏の間あるのですが、その馬車をひく銀太くんはいつも歩いています。
いや、ほかの馬車がある公園のお馬さんも皆ゆっくり歩いています。

ところがこのミルキーさん、軽快に鬣をなびかせ走っているのです!
走るといっても駈歩ではありませんが。。


e0282161_21540923.jpg
↑写真なのでわかりにくいかと思いますが鬣がなびいているでしょ?!
今度行ったときは乗ってみよう♪(^^)

e0282161_22013004.jpg
ばんえい競馬のパドックを初めて見たときはちょっと驚きました。
それはレース自体はそりを曳き騎手の方はそのそりに乗って馬を追うのにパドックでは馬に乗っているから。
まさかあの大きな馬に乗って歩くとは想像していなかったのです。
なんとなく厩務員さんが馬を引いて歩いているとばかり思っていました。
もちろん全頭に騎手が乗っているわけではないのですが。
e0282161_22093368.jpg
e0282161_22405488.jpg
e0282161_22413381.jpg

 2歳のアアモンドシャープくん。顔は2歳のあどけなさが残っていますが見事な体。
この体でわがままされたら、そりゃ厩務員さんもかないませんよね。



e0282161_22440502.jpg
↑ ゲートに向かう直前にそりを付けます。
e0282161_22453298.jpg
こちらの厩務員さん、スタートぎりぎりまでお馬さんに何かを話しかけていました。
緊張しやすいお馬さんなのかな。
e0282161_22473263.jpg
ばんえい競馬でもう一つ驚いたこと。
それはスタートダッシュ。第1障害までさほど距離はないのですが、そこまで意外な速さで走るのです。
写真でもそのスピード感が出ているんじゃないかと。。。
e0282161_22511291.jpg
第1障害を上がってくるばん馬。

e0282161_22521280.jpg
e0282161_22531561.jpg
ばんえい競馬ではお客さんも馬と一緒に移動しながら応援するのですが、よく見ると向こう側でも厩務員さんが自分の担当の馬と一緒に移動していました。

e0282161_22545588.jpg

 第2障害の直前で一旦止まり息を整えます。
e0282161_22560936.jpg
砂埃を舞い上げながら第2障害をのぼります。
重たいそりを曳いての坂、思わず掛け声をかけたくなります。
e0282161_22583385.jpg
ゴールはそりの後ろが入るまで。なので馬は先にゴールしていても あとから来た馬に抜かれることもあるのです。
とにかく全頭ゴールしなければいけません。最後の方の馬は中々動かない馬もいたりしました。
e0282161_23032359.jpg
ゴール後、厩務員さんに労わってもらっている姿。
本当にお疲れ様。

今回はバスツアーだったためたった2レース分しか観戦できませんでした。
次はツアーじゃなく行って思う存分ばんえい競馬を楽しみたいと思いました。

ちなみに今回初めて馬券が当たりましたよ。一番人気の単勝100円ですが。

ここ帯広競馬場はとかち村という地元の特産品が売っているお店や食べ物のお店がいくつかあり今回そこまで紹介できなかったので、次回行ったときはそこもブログに書くことができたらいいなと思っています。
次回・・・・いったいいつになるのか?できれば寒い冬に行ってみたいな。
ばん馬が吐く白い息とかそんな写真が撮ってみたい。
いや、でも寒いよね。(^^;

e0282161_23144483.jpg





by blue_avenue55 | 2015-12-09 23:00 | 馬写真

バスツアーでばんえい競馬①


先月の11月1日日曜日。
東京競馬場では天皇賞が行われた日、私はバスツアーで帯広競馬場ばんえい競馬に行ってきました。

ある日、新聞にクラブツーリズムのバスツアー広告が大きく出ていてその一つのタイトルに目が留まりました。

十勝池田ワイン城ワイン飲み放題付き帯広ばんえい競馬

まるで私のために作られたようなツアーじゃありませんか!
日帰りとはいえ、昼食としてワイン飲み放題に十勝牛のバーベキュー。
その後、帯広競馬場でばんえい競馬を楽しめる。
それでたったの 7,800円くらいだったのです。
競馬場では現金500円をいただき、500円分のお買いもの券までもらえるという!

ワイン好きの友人を誘って行くことになりました。

当日、数日前からひいた鼻風邪が若干良化をみせるもののマスクをしてちょっとつらい状況。
でもバーベキューにワインできっと調子も良くなるはず・・・なんて思っていたら。。。
e0282161_21330333.jpg
↑ドリカムのふるさと、池田町のワイン城

このワイン城が少し小高い所に位置していて風通しが良いのなんのって。
バーベキューをする広場は強風が!
北海道の11月はもう寒いんです。いくら天気が良くても、風が吹いているとなるともう体感温度は10℃を下回っている感じ。
e0282161_21383178.jpg

 ワイン飲み放題といわれても、さすがに寒すぎて飲めませんでした。

それって罠だったのでしょうか。


寒い外でのバーベキューはさっさと済ませ少しだけワイン城の中を拝見。
ドリカムで有名になっただけあって、色々なところにドリカムのサインやらが。




e0282161_21433139.jpg
もっと暖かい日だったらどんなに美味しくワインが飲めただろう・・・と思いつつバスは帯広競馬場へ。
どちらかというと私の目的はワインより、ばんえい競馬だったのでいいのです。

e0282161_21473611.jpg

 競馬場の入り口にはばんえい競馬のマスコット、リッキーくんがお出迎えしてくれました。

 
 私、帯広競馬場は数年前に一度冬に来たことがありました。
雪のない競馬場は初めてです。

 スタンドの外(コースのある方とは反対側)にふれあい動物園なるものがあるようです。
以前来た時には気が付かなかったので早速そこへ行ってみることに。

 そこにはポニーやら、元ばん馬さんやらアパルーサやら色々なお馬さんがいたのでした。



e0282161_21573005.jpg
私のテンションはそれだけで充分上がります。
e0282161_21584289.jpg
e0282161_22003791.jpg
ツアーでもらった 500円、普通は馬券を買うのでしょうが私はこのお馬さんたちにあげる人参カップを購入。
一つ200円なのですが、某ホースパークと同じ値段なのに入っている人参の量が3倍はある!!!
e0282161_22043488.jpg
一切れ自体も大き目なので半分に折って皆にあげました。
e0282161_22060535.jpg
 ↑ ニンジン頂戴の顔。
e0282161_22071164.jpg
↑ でっかいキングさん

ふれあい動物園エリアの真ん中に丸馬場があり、そこにリッキーさんが登場!↓
e0282161_22095119.jpg

e0282161_22103374.jpg

 いやぁ大きくてカッコいいです。

こちらのリッキーさんやミルキーさんは色々なイベントで出張も多く、私も札幌の北海道神宮祭で会ったことがありました。
いつも一生けんめいお仕事頑張っていますよね。


 このふれあい動物園はばんえい競馬が開催していない日でも営業しているようです。
 (営業時間は異なるようですが)

 
 私はこの動物園だけでも満足でしたが、この後バスツアー用のバックヤードツアー、ばんえい競馬を楽しんだのであります。

 疲れてきたので続きはまた次回に。


by blue_avenue55 | 2015-12-02 22:15 | 馬写真


メモ帳
最新のトラックバック
検索
タグ
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧