さよなら養分姐さん


馬大好きの馬写真と競馬日記
by ジュリー
カテゴリ
最新の記事
Epicharis 北海道2..
at 2016-11-05 22:00
ふれあい動物園
at 2016-07-06 22:45
ぴよちゃんとヤマちゃんとサミ..
at 2016-06-22 23:15
木曽馬のジェットじいちゃん
at 2016-06-15 23:15
お疲れさまでした
at 2016-06-08 21:45
以前の記事
記事ランキング

カテゴリ:映画( 3 )

映画「 祭の馬 」

「 祭の馬 」日本映画 2013年 / 監督 松林要樹 / 上映時間 74分

e0282161_22045820.jpg

昨年 主要都市で公開された『祭の馬』
最初、馬関連の映画だったので恐らくSNSの情報で知ったと思う。
(最初の公開は2013年11月28日)

予告などは YouTube で見た。
宣伝タイトルのような 「わけあって、おちんちんがハレちゃった・・・」
というのがとても衝撃的だった。

私の住む街では残念ながらこの映画の上映は実現していない。
映画好きでもある私はとても残念に思っていたが、そのうちDVDか何かで見られるに違いないと思っていた。

そして今年、その機会が思いがけずやってきた。
その情報を得たのもSNSだったのだが、スカパーのチャンネルNECOという映画専門チャンネルで その映画を放送するというものだった。
チャンネルNECO を調べてみると、主に日本映画専門で私としては契約することは今後無いだろうと思うチャンネルだった。
しかし『祭の馬』はDVDにもなっておらず、この機会を逃すと次にどこで見られるのか全くわからない。
スカパーの一ヶ月追加料金が、540円。
540円ならこの映画1本見るためだけに契約しても安いものだと判断した。


この映画をざっと説明すると、
この監督さんは、東日本大震災関連のドキュメンタリー映画『311』『相馬看花-第一部 奪われた土地の記憶』を撮っている方。
そしてこの『祭の馬』は『相馬看花‐第二部』としてのドキュメンタリー映画。
英タイトルに " The Horses of Fukushima " とある。


競走馬現役時代、一度も勝つことのできなかった未勝利馬ミラーズクエスト。
多くの競走馬がそうなるように、彼は2011年福島の馬喰に買われた。
そしてすぐにあの東日本大震災。
原発20km圏内で被災したものの奇跡的に生き延びた。
しかし 20km圏内ということでその後も苦難が立ちはだかる。
馬をなんとか生かそうとするまわりの人たち。
やがて命をとりとめたミラーズクエストはあの 1000年以上も続く相馬野馬追の立派な祭りの馬となる。
ただし、彼の体には原発20km圏内で被災したという焼印が押されている。


映画は淡々と現実を映しているのに、それがとても心打たれる。
震災が無ければ彼は祭りの馬になれただろうか?
彼の馬生が大自然や人間によって翻弄されている。
(競走馬として生まれてきた馬たちは本当に身近にいる人間によってそれぞれ違う馬生を歩むのだと最近思う)
映像は馬がとても近く、馬の鼻息が感じられるような気さえする。
震災から4年目にこの映画を見て、改めて大きな事だったのだと再確認。
自分はその場にいたわけでもなく、ただマスコミから流れてくる情報しか知りえなかったのだが、まだまだ知らない現実があったのだろうと思う。
そしてこの震災から全てが復興したわけではなく今もなお現在進行形。

こんなことがもう二度と起きないよう祈るばかりだ。

『 祭の馬 』予告 YouTube ↓




この映画、何とかDVDになってほしいなぁ。

(2015年 3月30日 鑑賞)



by blue_avenue55 | 2015-04-07 22:00 | 映画

映画「すべての美しい馬」

昨日の雪は凄かった!
午前中だけで恐らく50cmは積ったかと思います。
私の住む隣の市では積雪159cmと1月の最深積雪量を更新したそうです。
今季の冬はやはり異常な雪の多さなようです。

雪は捨てる場所さえあればまだ良いのですが、そんなスペースが無いと本当に困ってしまうのです。
道路脇にはこの前キレイになったはずなのに、もう1m近くの雪壁が出来ています。
これは車では非常に見通しがきかなくなり、とても危険です。
少しでも早く春が来て欲しいと切に思う今日このごろ。。。

さて今回の映画は

「すべての美しい馬 / 原題 All the pretty horses 」
アメリカ映画 2000年 / 監督 ビリー・ボブ・ソーントン / 上映時間 116分

e0282161_2004760.jpg



普通はあらすじ等を読んでから見たりするのですが、今回は、もうこのタイトルだけで勝手に想像して映画をレンタルして見てしまいました。
あとで思うとそれはとても失敗でした。
この映画が悪いのでは無く、見た側の私がいけないのです。

この映画の原作は1992年発行されたコーマック・マッカーシーという方が書かれた小説(「すべての美しい馬」)です。
アメリカ青春小説ということで人気の本のようです。

だいたいのあらすじを言いますと
舞台は1949年。牧場を経営していた祖父が亡くなり人手に渡ることを知った主人公(16歳少年)が自分の馬とのかかわる人生を選ぶため親友と愛馬でメキシコへ越境。牧場でカウボーイとして馬と共に生きていけると思ったのだが、そこから予想だにしない運命の渦中へと踏み込んでいく。


アメリカのカウボーイですのでいわゆるウエスタン。
野生の馬を捕まえて人が乗れるようにするのにはロデオのような荒々しい手法で。
このシーンはなかなか見応えがありました。
主人公には今では有名になってしまったマット・デイモン、恋人役はペネロペ・クルスとついつい豪華共演に目がいってしまい物語に集中できなくなってしまいました。だいたいの内容も知らず、出演者も知らず見たため物語の本筋を見失ってしまったのです。
うーーんと思いながら、ただなんとなく見終わってしまいました。

少年の運命はそれは想像を絶するものです。
それは凄く心に残り、あとから映画レビューなどを読みまくりました。
この映画、ちゃんと見たらとても感動というか胸を打つ映画だったと思いました。

タイトルだけで勝手に陳腐に想像してしまった私がなんと愚かなことか。
15年前の映画なので、その時に見ていれば、マット・デイモンもペネロペ・クルスも今ほど有名じゃなかったので普通に見られたと思います。
そのへんがちょっと残念でした。

(2015年1月16日鑑賞)

e0282161_2013742.jpg

by blue_avenue55 | 2015-01-21 20:00 | 映画

映画「白い馬」

今週は成人式という祝日で3連休、JRAも3日間開催になっています。
嬉しいような、でも一歩間違えると悲惨な結果に終わりそうな3日間開催。
折り合いを欠かないよう注意して今日もなんとか終わりました。

さて、このブログではほとんど書いたことが無かったのですが、私の馬以外の趣味として映画鑑賞というのがあります。
通常は映画館に行って観るようにしています。
やはり大きいスクリーンで観る映画の迫力はすごいですから。(恋愛もの、ホラー以外なら何でもみます)
以前も馬関連の映画は観るようにしていましたが、ここ最近、昔の馬の映画をとても見てみたくなりました。
映画館はもう無理なのでDVDを借りて見ようと。
そしてどうせなら、馬映画 全て(できる限り)見たいと思ったのです。

せっかくなのでその映画の感想をここに残しておくことにします。

昨年末から見始めていますが、ここには順不同で記します。

まずは昨日見たばかりの新鮮な記憶が残っている映画から。


「白い馬 / 原題 Crin Blanc 」
フランス映画 / 監督 アルベール・ラモリス / 上映時間40分

e0282161_2332112.jpg


1953年のカンヌ国際映画祭でグランプリに輝いたアルベール・ラモリス監督の名作がデジタルリマスター版で復活されたもの。
日本では 2008年に同じ監督作品「赤い風船」という映画と一緒に公開されたようです。
(この当時、この映画のことは全く知りませんでした)

今回、馬の映画を色々見ようと検索をしていたところこの映画のことを知りました。
さっそくDVD宅配レンタル。

映画はたったの40分。
そしてモノクローム。半世紀も前の映画ですからね。
でもこれが昔の映画と侮ってはいけない。
フランス映画らしい、詩のような映画なのです。
童話といったらいいのか。

ある野生のリーダー白い馬と少年のお話。
強くて美しい白い馬を人間(大人たち)が捕まえようとするも中々捕まえられない。
少年は白い馬を一目見て好きになり仲良くなろうとする。
馬も少年には心を許すものの馬仲間のリーダーとして生きてきたわけで。
必要以上に白い馬を捕まえようとする大人たちから少年は馬を逃がそうと馬の背に乗り駈けまわるシーンは凄いです。

最後はネタバレになるので書きませんが余韻の残る映画でした。

前髪が長く美しい少年、白い馬もまた前髪が長くて美しい。
白い馬だからこそ、モノクロームの映像がマッチしている。

ここ最近見てきた馬映画とは全く別物の映画でした。
e0282161_23321683.jpg



(2015年1月10日鑑賞)





by blue_avenue55 | 2015-01-11 23:30 | 映画


メモ帳
最新のトラックバック
検索
タグ
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧