さよなら養分姐さん


馬大好きの馬写真と競馬日記
by ジュリー
カテゴリ
最新の記事
Epicharis 北海道2..
at 2016-11-05 22:00
ふれあい動物園
at 2016-07-06 22:45
ぴよちゃんとヤマちゃんとサミ..
at 2016-06-22 23:15
木曽馬のジェットじいちゃん
at 2016-06-15 23:15
お疲れさまでした
at 2016-06-08 21:45
以前の記事
記事ランキング

馬だって愛してほしい

人だってそれぞれ。
周りの取り巻く環境で人生が一人一人違うだろう。
もちろん、その人の能力差もあるだろう。

馬も人と同じでは、ないだろうか。
周りの取り巻く環境で全く違う馬生を歩むことになるだろう。

何故そんな事を思ったのかというと、ある一頭の馬に昨日 触れて、何かを感じたから。


その子はアラブ。
ある方が、馬がとても好きで好きで、ついには自分の馬を持つために小さな牧場を作ってしまった。
そこに、そのアラブは迎えられ愛情いっぱい受けて暮らしていた。
週末は近所の子どもたちが来てそのアラブと戯れ、乗馬を楽しむ。
アラブにしてみたら、皆が自分に愛情いっぱいで接してくれる。

少ないけど仲間もいる。

平日はその仲間とゆったり草を食みながらのんびり過ごす。
週末は子どもたちが来て一緒にワイワイと楽しい時を過ごす。

そんな生活がずっと続くと誰もが思っていただろう。

ところが、ある日アラブとその仲間に乗馬クラブでの仕事の話が来た。
持ち主は馬が大好きで所有していたのだから、まさか手離すはずは無いと思ったでしょう?

でも色々な事情があってアラブと仲間は乗馬クラブに移ることになった。
環境が大きく変わってしまったアラブは戸惑うことも多かったようで。

そりゃそう、いつもはのんびり放牧されていたのが朝の決められた時間だけになり、知らない仲間がたくさんいる。
少しづつレッスン出来るように教えられる。
元々、人から愛をいっぱいもらっていたし、人は大好き。でもやはり、大きな変化についていけなかったのか体調を崩して皮膚炎になってしまい、しばらくレッスンもお休み。

時が薬になるのは人も同じ。
アラブは少しづつ慣れてレッスンも再開。他の馬たちと同じように働いている。
この子はとてもおとなしく、扱いやすいので主に初心者の人用に頑張っている。

私はその子の事を忘れかけていた。

昨日、新しい子が来たと聞き珍しく厩舎に行ってみた。
そこには、あのアラブがいた。
名を呼ぶと顔をこちらに出してきてじっとしている。撫でてやると嬉しそうにして顔をもっと近付けてくる。

他の子の所へ行くとアラブは壁を蹴って自分はここだよ!と。

牧場にいた頃に比べたら、この乗馬クラブでは愛が足りないと彼は感じているかもしれない。

やっぱり馬だって愛は必要………

と私は思った。

e0282161_1314554.jpg

注: この写真の子はアラブでは、ありません。
by Blue_avenue55 | 2014-09-18 13:15
<< おはロバ~ 初の新潟競馬場② ブランダルジャン >>


メモ帳
最新のトラックバック
検索
タグ
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧