さよなら養分姐さん


馬大好きの馬写真と競馬日記
by ジュリー
カテゴリ
最新の記事
Epicharis 北海道2..
at 2016-11-05 22:00
ふれあい動物園
at 2016-07-06 22:45
ぴよちゃんとヤマちゃんとサミ..
at 2016-06-22 23:15
木曽馬のジェットじいちゃん
at 2016-06-15 23:15
お疲れさまでした
at 2016-06-08 21:45
以前の記事
記事ランキング

風立ちぬ

一昨日、ジブリの映画『風立ちぬ』を観ました。
ジブリ映画はとても人気がありますが、実は私はその、ほとんどを観ていません。
ナウシカ、ついこの前「バルス!」でTL が賑わったラピュタなど観たことが無いのです。
これはもう、ある意味自慢しちゃってます。

そんな私が珍しくジブリ最新作『風立ちぬ』を観ました。
正直、時間の合うのが数本しかなく、その中でも、この映画は観た人の感想が賛否分かれていました。
こういうのって自分の目で確かめたくなるんですよね。

e0282161_21472398.jpg




〈 ネタバレ注意 〉
あらすじを簡単に言うと、小さい頃から飛行機への夢を持つ主人公が大人になり、自分を犠牲にしながらも夢を叶える。ただその成功と共に重い現実も受け入れなければならない。
戦時中という時代背景もあるのですが。

最後は、胸が熱くなり泣けてしまいました。



終わった後も映画の余韻に浸りながら、これってどんな世界でも置き換えられることなのでは、と思ったのです。


たとえば競馬の世界。

騎手になりたくて、、馬に携わる仕事がしたくて、、それぞれ自分の夢を持ち、それに向かって切磋琢磨する。
その間には家族を持ったり身の回りも変化しつつも自分の夢は、はっきりとある。
それを叶えるためには多少の犠牲もいとわない。

そして夢が叶う日が来る。それは皆で愛情込め作り上げた馬がレースで一番にゴールすること。達成感。

でも、その馬が故障したりして現役引退を余儀無くされたり、そのまま帰らない、、そんな悲しいこともあるわけで。


それでも人は夢を追い続ける。
追い続けなければいけないんじゃないかと私は思う。
追い続けてほしいと思うのです。
そして私も追い続けたい。(それ以前に私の夢って何だったっけ?夢探しから始めよう。)


映画では、戦時中であったため夢の飛行機は 祖国に帰ることのない兵器となってしまった。
馬も戦で使われていた時代もあったけど、今は少なくともそうではありません。




あと数日後に来る終戦記念日。
映画を観たこともあって改めて思うのです。

私の好きな競馬や乗馬が出来る戦争のない平和な世界が この先も続きますように。

e0282161_12563746.jpg

by blue_avenue55 | 2013-08-07 11:30
<< 先週の結果報告「関屋記念」 鼻歌♪イングランディーレ >>


メモ帳
最新のトラックバック
検索
タグ
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧