さよなら養分姐さん


馬大好きの馬写真と競馬日記
by ジュリー
カテゴリ
最新の記事
Epicharis 北海道2..
at 2016-11-05 22:00
ふれあい動物園
at 2016-07-06 22:45
ぴよちゃんとヤマちゃんとサミ..
at 2016-06-22 23:15
木曽馬のジェットじいちゃん
at 2016-06-15 23:15
お疲れさまでした
at 2016-06-08 21:45
以前の記事
記事ランキング

思うこと。

昨日、こちらの記事を読ませて頂いて現実には、あることなんだよなぁと改めて思いました。

http://girls.jbis.or.jp/.s/2013/07/post-bd1c.html

表には中々出てきませんが、これも現実。
ある方が言っていた『馬は生き物ですから』
いつの間にかいなくなってしまうゲームの中の馬とは違うわけです。

この記事に書かれていたように、余生をちゃんと過ごせる馬は僅かでしょう。
現役でもオープン馬以上になると、死んだ場合は取り上げられます。ファンもとても哀しむ。
Twitter のTL でもお悔やみのツイートが溢れます。
これがレース中だったりするとなおさら。

でも現実では500万条件の馬や未勝利の馬にも同じ事は起きる。その場合、殆んどは話題にはならないでしょう。(良血馬は別)

もしかしたら、デビューが出来ただけでも凄いことで、それすら果たせなかった馬だっているはずなのです。

だからといって私は競馬が無くなれば良いとか、そんな事は思いません。
充分過ぎる位に楽しんでいるし、今や生活の一部です。
無くなってしまったら、灰人になってしまうかも。


ただ一寸だけ、たまには表に出てこないそういう馬たちもいるのだということを忘れないでいたい。

現実とは良いところばかりじゃ決してないのだと。
裏側にいる、そういう馬たちを認識した上で、レースで一生懸命に走っている馬を応援したい。その馬に愛情を注いでいる人たちを応援したい、そう思うのです。



記事に出てきたキティホークには私も一度だけ乗せてもらった事があります。そしてクラブを去る2日前に写真を撮っていました。

e0282161_7201259.jpg


皆、命のある限り元気でね。
by blue_avenue55 | 2013-07-03 08:00
<< 先週末の結果「七夕賞 他」 宝塚記念の結果 >>


メモ帳
最新のトラックバック
検索
タグ
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧